2018年6月11日

縄文のビーナス。

梅雨入りしましたね。

つまりはまた6月が来た!

昨年、体調トラブル、゙青天の霹靂゛を経験してから、一年が経とうとしています。

自分でも思いがけないほどに、この6月の訪れが、しみじみと胸に深く染み渡ります。

少し前までは、こうしていつもの毎日を送れるまでに回復した。

そのことが、まさしく夢のようでした。

でも今は。

昨年の゙夏至゙以降陥った、ドン底とも言える状況、そちらの方が夢だったんじゃないのか。

そんな風にも感じています。

私の心と身体は、本当にあの難所を乗り越えたのか。

人生最大のピンチ!とも言えなくはない、あの苦しい時間を本当に自分は乗り越えたのか?

人間には、良くも悪くも忘れる、という力のある事が、とてもありがたいです。

髪の毛も、順調にカサを増し、季節柄、丁度生え揃ってきた牧草地のような心地良さ(笑)。

服用している薬の影響で、髪質に変化が生じ、微妙にカールしているところがなかなか可愛いです(自分で言った!)。

これからどんな風に伸びていくのかな。ぷぷぷ。

、、、と、前振りが長くなりましたが、昨年の6月、その、あれやこれやに見舞われる直前のこと。

帰省のついでにふらりと訪れた、茅野市の尖石縄文考古館。

そこで出逢った、国宝『縄文のビーナス』。

その可愛らしさと包容力に、たちまち恋に落ちました。

以来 、縄文の世界にとても惹かれ、その大らかな暮らしぶりに癒されています。

10000年以上も続いた人々の生活。

諍いもなく、平和な世の中が保たれた理由は、一説によると、母系社会がなりたっていたから、とか。

そして今の私たちの生活にも、少なからず縄文の頃の名残があることを知ると、なんだかとても勇気がわいて来るのです。

もう少し体力が戻ったら、縄文時代の中期、ニッポンの銀座だった !とも言われている、八ヶ岳周辺の遺跡巡りをしたいなぁ。

そして、当時のパワーをもりもり吸収。

新石器時代に遡るだけでも、その頃から休むことなく続いている、大地と海との育みに比べ、人間の一生のなんと短いことか。

だからこそ。

与えらえた、身体と心と時間を大切に。

ますます養生重ねます♪

| | トラックバック (0)

2018年4月19日

不思議なこと。

花粉のピークがようやく過ぎて、ホッと一息。

今年は伏兵ヒノキが強烈過ぎて、何度も鼻から流血しました(なはは)。

ちかれたな〜。

それでも、顔面ボロボロの鏡を眺めつつ、これぞ生きてる証拠やね〜。

なんて思える自分がいたり。

髪の毛も順調に伸びていて、只今くのいちソルジャーなり。

ともあれ、いつもの毎日を送れることへの喜びを噛み締めています。

そんな中、先日久しぶりに、電子ピアノを触ってみようという気持ちになり、電源を立ち上げてみると。

なんとびっくり入らない!

うんともすんともいいません。

コンセントはしっかり差してある。

こんなことってあるんですねぇ。

確かに、以前から鍵盤の調子は悪かったものの、まさか壊れてしまうとは。

所詮家電の一つですから、時期が来たのかもしれません。

ピアノも疲れてしまったのかなとちょっぴり寂しく思っていたら、同じ弾き語りの友人が、「主を守ってくれたんだよ」と、言葉をくれて、心にじんと沁みました。

きっとそうだよね。

長いことありがとう。

そしてもう一つ不思議なことが。

9年前、松本の実家売却の折、株分けして持ってきたツルニチニチソウ。

鉢植えながら今も元気に育っていますが、今年は例年になくたくさん花が咲きました。

毎年、だいたい二つか三つ。

その年よっては、全くないときも。

それが今年はなんと、驚きの30超え!

賑やかで、華やかで、嬉しくて。

毎朝、しつこいくらいに花を数えては、元気もらっていました。

なんとなく。

これはもしや亡父の贈り物なのかな〜なんて。

「まだまだそっちで、ゆっくりしてこいやれ」

そんな風に励ましてくれているような気もして。

ともあれ、我が家のベランダには、着実に緑が増しています。

半世紀生きてくると、この世の中には、目に見えないものがたくさん存在していて、ちゃんとバランスを取ってくれているんだなぁということを感じます。

むしろ、目に見えないものの方が多いのかもしれませんね。

与えられた時間を楽しく大切に。

まずはゴールデンウィーク!

ですかね 笑

チコっと早いですが、良い休日を♪

| | トラックバック (1)

2018年2月19日

芽吹き。

連日、冬のオリンピックでの選手の活躍に勇気をもらっています。

とりわけ、昨日のスピードスケート、小平奈緒さんの500mは、本当にすばらしかった!

所属、相澤病院の在る我が故郷松本も、きっと盛り上がったのではないでしょうか。

今回の選手たちを見ていると、日の丸を背負う重圧というような悲壮感は無く 、それぞれが、自分との戦いに正面から挑んでいる感じがして、とても清々しい。

本当に励まされます。

私もね。

昨日の自分を乗り越えて、今日の自分を生き切る。

そういう気持ちで日々を過ごしています。

おかげさまで体調も安定しています。

昨年10月に一度だけ受けた点滴の治療。

副作用の絡みで中止にはなったものの、髪の毛は気持ちいいほどにモッサリ抜けました。

たった一度の投薬なのに、反応いいわ〜。

ゆえに冬越えは寒かった〜。

ハゲた人?の気持ちがよくわかりました(失礼!)

そして今、しっかり頭皮が芽吹き始めています。

生え際なんて、まるで新生児。

初めて見る自分の姿はすこぶる新鮮です。

こうした事がなければ経験できなかったことがたくさんあり、全てを無駄にしたくない気持ちです。

先々への不安は、生きている限りゼロにはならない。

それでも、以前より間違いなく強くなった自分がいる。

まるで根拠はないけれど、もう大丈夫。

そういう思いが増しています。

治療をしっかり続けながら、身体を整える。

また、歌いたいし、音源も作りたい。

春よ来い。

ゆっくりでもいいから、確かなその訪れを待ち侘びています♪

| | トラックバック (0)

2017年12月22日

「未来日記」

「あっという間に夏至を過ぎ 、、、」

6月の末にそう綴って以来、半年振りの書き込みです。

気づけばなんと、本日、冬至なり。

言葉通り、季節を越えました。

この間、私は何をしていたか。

しんどい時期がありました。

延べ70日余の入院生活も送りました。

晴天の霹靂。

そのとき取り掛かっていた録音作業で、いよいよ歌入れの段になったのですが、咳こんでしまって、どうしても息が続かない。

これはおかしいなと思って受診したところ。

呼吸器系のトラブルがみつかりました。

心は固まり、しばらくは現実を受け入れることができませんでした。

「自分の何がいけなかったのだろう」

治療を始めたものの、副作用にはばまれ、なかなか軌道に乗りません。 

症状は勢いを増し、靴下一つ履こうにも、息が上がって疲労困ぱい。

コンチクショウ!

心の中で、そう悪態をついた日もあります。

それでも。

いつも希望は捨てませんでした。

必ず道は開ける。

自分の身体を信じる。

紆余曲折を経ながらも 、縁あって、良い先生に巡り会い、今は自宅に戻り、こうしてブログを綴る気力も体力も戻りました。

よかった。

本当によかった。

人生、先のことなど誰にもわかりません。

これから自分がどこに導かれるのか。

考えたところで答えは出ない。

私にわかることがあるとしたら。

オールは自分が握っている。

やりたいことが盛りだくさん、会いたい人が目白押し。

半世紀を生きて尚、心の「未来日記」はまだまだ更新中です。

人は人に救われる。

困難にあってこそ、気づくことのできた宝物。

来年、桜咲く頃には、きっと今まで以上に日々を謳歌する自分を願うばかり。

これからも治療は続きますが、どんな時も、光射す方に気持ちを向け、勇気と共に、一歩一歩進んで行こうと思います。

どうぞ良いお年をお迎えください♪

| | トラックバック (0)

2017年6月29日

まさかのオーダー♪

あっという間に夏至を過ぎ、季節はどんどん流れて行きますね。

私自身も、まさしく人生の折り返し地点!

そんな道のりをつくづくと実感させらえる出来事に見舞われつつも、なんとか自分を奮い立たせ、いつも通りの日々を過ごしております。

先日、またまたハンドメイドのお店に、作品を持参し手続して参りました。

今回は12作品。

そして、委託形式を少し変え、一か月の短期集中方式に挑戦。

どうなるかな・・・

と内心ドキドキしておりましたら。

本日までに、既に2点売れた模様。

さらに嬉しい出来事が。

なんと購入してくださった方から、お店を通じて、じきじきに注文が入ったのです。

そんなシステムがあること自体知りませんでしたので、本当にびっくり(◎-◎)。

でも、自分の作品を気に入ってくれて、違ったデザインでの追加購入を希望してくださったことに、ただただ喜びをかみしめております。

ちこっといろいろ立て込んでいて。

いつ取り掛かれるかわからないけれど。

納期が間に合えば、是非お引き受けしたいと張り切っております。

がんばろう!

そしてもう一つ、嬉しい出来事が。

おかげさまで、ミニアルバム『Love Letter』、最初に作った31部が、全てみなさまのお手元に渡ったころ。

チコちゃんブログのチコママさんから、ご連絡をいただきました。

アルバムを聴いてくださった方はご存知かと思いますが、この『Love Letter』という曲は、チコちゃんとチコママさんのことを歌った『ふたり。』という作品の、Answer Songという想いで作ったものなのです。

チコママさんが、チコちゃんを亡くした苦しい日々から立ち上がり、もう一度、希望とともに歩き出した、その時の気持ちを私なりに綴った作品です。

なので。

本当は、チコママさんにも聴いていただきたい!

いや、チコママさんにこそ聴いていただき!

・・・そう思っていながら。

いざとなるとヘタレな私はなかなか勇気が出ず。

私の勝手な想いでまた曲を作ってしまい、ご迷惑なのでは。

・・・と、年甲斐もなく、もじもじうじうじしていたら。

チコママさんの方から、お問い合わせをいただくことになってしまい恐縮しきり。

でも。

ブログを読んで、チコママさんもこのミニアルバムのことをずっと気にかけてくださっていたことがわかり、とても嬉しく、何か見えない力の導きのようなものを感じた次第です。

生きているといろんなことがあるけれど。

まずは、今できることに集中しましょう。

必ず道は開ける!

<おまけ>

前回、4月に出品した作品からいくつかまたプチ自慢です(なはは)。

Handmade2017march_4

ワンハンドルお財布ポーチ。

中は、カード入れとかコイン入れとか、たくさん仕切りがついています。

こちら↓は、帆布のマルチケース。

Handmade2017march2_7

中身はこんな感じ。

書類やハガキを入れられます。

Handmade2017march3_8

定番のブックカバー。

うさぎの布と赤いレザー紐がポイント♪

Handmade2017march4_2

こちらもワンハンドルの手提げバッグ。

あかずきんの柄になっていて、小さな女の子が持ってくれたらなぁとイメージして作りました。

Handmade2017march5_2

これら含め、4月出品分もおかげさまですべて売れました♪

音源作りも、逸る気持ちを抑えつつ、体調を見ながら、すこしずつ続けています。

こちらも焦らず一歩一歩。

| | トラックバック (0)

2017年5月30日

スーパーサルビア♪

ここのところ、毎日朝ごはん前に、土いじりを結構し、だんだんと夏仕様のベランダが整いつつあります。

今年の緑のカーテンは、色の違う朝顔3本と、ゴーヤを1本。

どんな姿に仕上がるのか、今から楽しみです。20170530

そして、タイトルの”スーパーサルビア”

偶然園芸店で見つけたものですが、もう~、この商品POPを見た途端、心鷲掴みにされ、迷わず購入。(モデルは、私じゃないよ(笑)

こちらもばっちり植え付け完了しました。

Photo_2

それにしても、一株で本当にこんなに大きくなるのかな?!

実現したら、うちのベランダには到底収まりきらない~(嬉)。

このゴージャスな写真を眺めながら、これから毎日叱咤激励。

サルビアノの木陰で寛ぐその日を目指して、立派に育て上げましょう。

それから。

宅録もハンドメイドも、細々ですが続けております。

ハンドメイドはおかげさまで、2回目に出品したものもすべて売れ、ただいま3回目に向けて、作品を準備しています。

宅録は、取り掛かっている2曲とも、”骨組み&土台”がほぼ出来上がり、全体像がだいぶ見えてきました。

ひとつは一番最近に作った曲で、できるだけシンプルに、ピアノ弾き語り風を目指しています。

そしてもうひとつは、私にしては珍しく、軽快かつコミカルな曲調で、こちらは逆に、ピアノを使わないアレンジで仕上げたいと思っています。

まだまだ時間はかかりそうですが、また聴いていただける機会を楽しみに、焦らずじっくり季節を超えて取り組んで行こうと思います。

5月も、残すところあと2日。

つい先日、冬至だったような気がしていたら(◎◎)?!、一年で一番昼の長い時期がもう間近なのですね。

♪空に太陽がある限り〜がっちり働くでよ~。

| | トラックバック (0)

2017年5月 8日

誕生日月間。

20170429_2

あっという間にゴールデンウィークも終わり、今日からまたいつもの毎日が始まりました。

見渡せば、新緑の勢い眩しく、凄まじく。

自分の誕生月に、一年一度、ギンギンパワーをもらっています。

遡ること4月29日(土)。

なんと驚くことなかれ(◎-◎)。

2月に続いて、明大前マイスペースにて、第二回『拙ミニアルバムLoveLetter発表会♪』が催されました。

準備等、段取りしてくださったのは、またしても岩橋さん(T-T)。

第一回とは趣が変わり、顔馴染みのお客様が集う空間は、懐かしさと嬉しさと、さまざまな気持ちが混在する、貴重なひと時となりました。

連休初日というお忙しい時期にも拘わらず、お越しいだだきましたみなさま本当にありがとうございました。

学生時代の友人でもなく、仕事の苦楽をともにした仲間でもなく、”音楽”という、ただ一つの趣味だけで、こうしてずっとご縁が続いている。

顔を見れば、その時々の自分の想いがよみがえる。

お互い”良き大人”になってから築くことのできた間柄。

そうした誰かがいてくれることは、ありがたく心強く、これからも音楽を続けて行こう、という何よりに原動力になっています。

※写真は、演奏中の岩橋さん。今回は、岩橋さんのほかにも、お越しいただいた方々に演奏していただく時間があり、贅沢この上ない発表会となりました。

Jikka20170505_3

そしてゴールデンウィーク後半は、信州へと帰省しました。

松本も安曇野も、私にとってはこれまたなくてはならない大切な場所。

老いていく家族と過ごす時間は、自分の中に整理のつかない感情を湧き立たせることもありますが、それでも普段は遠く離れたところで、夫と二人、自分たちの生活を続けていられる環境に常に感謝しています。

右の写真は、安曇野”拾ヵ堰”の芝桜。まさしく満開。

地元のボランティアのみなさんが手植えで少しずつ増やしていったもので、気づけばこんなに見事になりました。

後ろに見えているのは、常念岳。

周囲の田んぼにも、いよいよ水が入り、稲ももうすぐ植え付けられます。

安曇野も、冬は寒さが厳しくて、泣きたくなる時もありますが(?)、今が一番良い季節かもしれません。

さて。

今月また一つ年を取る自分に気合を入れつつ、録音あれこれ再開するでよ~!

| | トラックバック (0)

2017年4月21日

ハンノキとりんご。

ようやくスギ&ヒノキの花粉ピークを乗り越えて・・・Photo_3

本来なら、ほっとできる時期なのですが。

実は、3年ほど前から新たな猛威に直面中の私です。

”富士みえ~る”環境の、大好きなこの家に越してきて、早いもので丸10年(驚)。

その間、知らず知らず、吸い込んで溜めこんで・・・

発症してしまったのでしょうね。

ベランダ脇にすっくと伸び立つハンノキ

今まさに、ふさふさと花をつけて、ぶんぶんと花粉を飛ばし始めたところです(涙)。

なにしろ殆ど目の前、避けようがない!

しかも私は、家にいる時間が長いので、どうしてもたくさん吸ってしまう(夫は全く問題ナス)。

先週から、いつにもまして、顔面ぼろぼろ(◎ー◎)、知恵熱も出てくるは、もう大変です。

そして、もう一つ。

これに絡んで、なんとりんごが食べられなくなってしまったのです(涙)。

ハンノキの花粉症であることも、これがりんごと結びついていることも、自覚したのは、割と最近(実は今年もハンノキもふもふ、すっかり忘れていて、油断した~(><)!!)。

ここ何年か、なぜ、スギもヒノキも終わったあとに、またもや大きなピークが訪れるのか、不思議でならなかった私。

そして、あれほど大好きだったりんごが、ある日突然、喉のかゆかゆに悩まされ、飲み込めなくなったのは、”もしや今まで食べ過ぎたのか?”と心密かに反省していた私。

しかし、それらが繋がり、実は新たなアレルギーを発症したのだとわかったとき。

合点が行くとともに、とてもショックで落ち込みましたがな。

まぁしかし、こればかりは、多分、どこに住んでも逃れようもないこと(ハンノキ花粉症は、北海道でとても多いとのこと)。

なんとか、また自分の身体を改革して、免疫上げ上げ計画を増強させて、対抗していくしかないですよね。

そんなこんなのハンノキパワーに押され気味のベランダではありますが、やはりこの家は替え難くお気に入り。

これからも住み続けたい!

ということで、めげずに、春の芽吹きを楽しみましょう♪

これは、この春の新入り、タイツリソウ。

Photo

たくさん花芽をつけ始めました(^-^)。

花茎にぶら下がる花の様子から、この名がついたそうです。

可愛いね♪

| | トラックバック (0)

«歌い入れに挑んだものの~。