« 心にひっかかる歌。 | トップページ | 言霊。 »

2005年12月19日

Close Your Eyes

『男たちの大和』、を観ました。

戦争映画は好きじゃないので、ちょっとどうかな~・・・とも思ったのですが、これはいわゆる”戦争の不毛さ”とか”残酷さ”などの側面に焦点を当てた映画ではなく、”生きることの意味”、”死ぬことの意味”というものを描き出した映画だったように思います。

終戦間際、沖縄に向けて出撃した世界最大と謳われた戦艦大和の乗組員と、その家族の生き様を通じて、そうしたことをテーマとしているのですが、中でも特に印象的だった場面があります。

一機の飛行機の援護もない中での特攻を迎えた日。それは、乗組員にとって、すなわち”死にゆく日”でもあります。そんな極限状態の中、乗組員の心には『国を守るために死んでいく、自分たちひとりひとりの命の意味はどこにあるのだ』という、抗い難き疑念が突き上げます。

そして、この問いに、長島一茂演じる臼淵大尉が答えます。

『進歩のない者は敗れる。だが、”敗れて目覚める”。それ以外に日本が救われる道はあるのか。日本が生まれ変わるためにさきがけて散る。本望じゃないか・・・』と。

この場面だけは、ぐっと、胸が詰まりました。3000人余の命とともに、一時間足らずで最期をとげた戦艦大和。そんな思い一つ一つとともに沈んでいった大和は、今日のような日本を、果たして予測していたのだろうか・・・。

もちろん、戦争を肯定するほどバカなことはありませんが、かといって先の戦争を全て否定することは、そうした尊い思いをも否定することにもなってしまうのだ、という、やり場のない気持ちにもなりました。

そして何より、この史実が、たった60年前の出来事、という事実に驚きを禁じ得ません。

一方で、鑑賞後直ちに、家人とともに、とんこつラーメンをすすって、ハナミズをたらし、餃子をもつまんで喜んでいる私は、幸福以外の何物でもないのだ、と改めて感じる一日でもありました。

|

« 心にひっかかる歌。 | トップページ | 言霊。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/7697478

この記事へのトラックバック一覧です: Close Your Eyes:

» 亡国のイージスと男たちの大和のレビュー(反戦?戦争賛美?) [チラ裏..._〆(゚▽゚*)]
原作はともに未読。映画しか見てない。 内容についてあまり語り過ぎないようにするけど結構ネタバレしちゃうのでこれから見て楽しもうという人は注意。 亡国のイージス 結構前のことだけど、何となく映画が見たくなった。 そこで近所のTUTAYAへ行って適当にうろついてみると、、、 戦国自衛隊やら亡国のイージスやら、やたら国産の映画の軍事物が多い気がした。 映画に詳しくないオレは名前に惹かれて亡国のイージスを手に取る。 こんなタイトルの映画、社会党が元気だった頃ならタイトルだけで軍靴の音が... [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 11:24

« 心にひっかかる歌。 | トップページ | 言霊。 »