« 芽吹き。 | トップページ | 待ち侘びて・・・。 »

2006年1月15日

即興で奏でる。

先週金曜日、国分寺クラスタに、”ウォルフィー佐野さんと山口孝弘さん(ギター)”の、ジャズライブを観にいきました。

ウォルフィーさんのライブはこれで3度目ですが、その都度、その演奏からは全く違った印象を受けます。

今回は、7弦のギター、クラリネット、フルート、ソプラノサックスを、曲ごとに自在に使い分けて、鮮やかな色を添えて行きました。(ウォルフィーさんは、このほかにも、ピッコロ、アルト、テナーサックス、パーカッションなど、いろいろな楽器を操る、マルチインプロヴァイザーです)

お二人の演奏は、”即興”ならではの、実に見事なアンサンブルなのですが、それぞれのリードによって、その曲の雰囲気がガラリと変ってしまうところは、とてもすばらしかったです。

それにしても、あの”あうんの呼吸”はどこから生まれて来るのでしょう。

あれだけ、自由に音を操りながら、二人のリズムが全く狂わない、それはもう聴いていて、脅威です。私なんて、自分でピアノを弾いて歌っているのにもかかわらず、それでも時々ずれてしまうのですから!

一方、曲ごとに、終わりのタイミングを、”そろそろ終わる?” ”もうちょっとやる?”という具合に、お互い探り合って(もちろん音で)、ちょっと恥ずかしそうに演奏を終える様子が、とてもほほえましくて楽しかったです。

即興演奏というと、なんとなく ”ただ思いつくままに演奏する”というようなイメージがありますが、それは全くの間違いで、数え切れないフレーズの組み合わせと、技術に裏打ちされた、計算された構築があって、初めてできることなのだ、ということをあらためて感じました。

いや、それにしても、盛況でした!私はカウンターの隅っこに座って、マスターと”相対性ダイエット理論”のお話ができたのもうれしかったです(^^)。さて、その内容は?知りたい方は是非クラスタへ~!

|

« 芽吹き。 | トップページ | 待ち侘びて・・・。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/8177751

この記事へのトラックバック一覧です: 即興で奏でる。:

» 1月13日のライヴ報告 [ウォルフィー佐野の即興音楽のすすめ]
イェーイ! Live With Takahiro Yamaguchi Vol.1... [続きを読む]

受信: 2006年1月18日 14:25

« 芽吹き。 | トップページ | 待ち侘びて・・・。 »