« 凹んだときは・・・。 | トップページ | プチ・プレッシャー。 »

2006年2月27日

『杏』に寄せて。

spring 「春」の語源は、草木の芽が「張る」、田畑を「墾る」、気候が「晴る」などから転じたと、諸説 あるそうです。

花が咲き、鳥が歌い、水が流れ、いろいろなものに命の宿る季節。でもその一方で、なぜかいつもちょっとだけ、せつない気持ちにもなったりします。

以前日記に、”季節の変わり目が好きだ”、ということを書きましたが、冬から春へ・・・この二つの季節の移り変わりには、特に感慨深いものがあります。

あっという間に景色を一変する、満開のソメイヨシノ。そのパワーに圧倒されて、目、耳、鼻、そういった五感が、いつもより敏感になる。そして、”あぁ、また一年が巡ったんだな”と強く実感する。だからちょっぴりせつなくなるのかもしれません。

そんな気持ちを歌にしたのが、オリジナル曲『杏』です。自分の中の小さな節目。そんなときにそっと思い出す、自分だけの大切な場所。あなたのそれはどこですか?

帰ろう 帰ろう かばん一つ車に乗せて
帰ろう 明日 私を待つ あの街へ 

次の音源には、是非この曲も入れようと思っています。今、いろいろな音作りを考えているところです。きっと素敵な『杏』に仕上がると思います(^0^)♪

|

« 凹んだときは・・・。 | トップページ | プチ・プレッシャー。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/8857574

この記事へのトラックバック一覧です: 『杏』に寄せて。:

« 凹んだときは・・・。 | トップページ | プチ・プレッシャー。 »