« 写譜ペン。 | トップページ | It is a progress. »

2006年4月12日

スタジオミュージシャン。

”スタジオミュージシャン”という職業があることを、とあるシンガーソングライターのブログで初めて知りました。

プロの楽器演奏者で、主にレコーディングのために、単発でスタジオに入って、いろいろな音源作成のサポートをする人たちをそう呼ぶそうです。

うむむむ、なるほど。プロの音源というのは、そうやって、様々な分野から、精鋭を集めて、すごい機材を使って、お金も時間もかけながら、作りこんで行くものなのですね。

でも・・・。

見方を変えると、一方で、そうしたスタジオミュージシャンの演奏というのは、ある程度、割り切ったものにならざるを得ないのかな、とも思います。

その日初めて会う歌い手の、その日初めて見聞きする楽曲を演奏するわけですから、その楽曲に対する”好き嫌いの感情”というものはあまり湧かないのだろうし、それが、仕事である以上、限られた時間の中で、求められる成果を、ともかくもあげなくてはならない。

どんなことでもそうだけど、好きなことを仕事にするということは、楽しいこともある一方、大変なこともたくさんあるのだと思います。

いろいろな場面で、自分の中に葛藤が生じて、きっと苦しかったり、悔しかったり、悲しかったり。割り切りたくない自分と、割り切らなくてはいけない現実。

それをも乗り越えて、やり遂げていくには、真の実力と忍耐がないときっと続かないんだろうと思います。

だから、そうした力と忍耐を持たぬ私は、この先もずっと、歌を仕事にする予定はありませんです(*^0^*)♪・・・・ってか、その前に、誰も雇ってくれないから、要らぬ心配なんだけどね・・・・・ρ(--、)。

|

« 写譜ペン。 | トップページ | It is a progress. »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/9554319

この記事へのトラックバック一覧です: スタジオミュージシャン。:

« 写譜ペン。 | トップページ | It is a progress. »