« 参った(><)! | トップページ | 反省。 »

2006年5月11日

人材教育。

とある新聞コラムによると、バブリーな80年代の終わり頃をピークに、企業が社員教育に費やすお金が、どんどん減り続けているそうです。

なんでも、企業の業績低迷の折、一番にカットされるのが、この『社員教育費』と、『研究開発費』なんだそうです。

理由は、”成果が測りにくい上に、短期的にはダメージが少ないから” だとか。なるほど。

思い起こせば、私が入社した、まさに80年代の終わりには、バリバリの新人研修というものがありました。入社直後、3ヶ月も研修させてもらって、安いながらもその間、給料もちゃんともらいました。

で、このコラムでは、こうした支出の切り詰め方は、のちのちボディブローのように、企業の質を低下させていくことになり、特にモノ作りの企業では、”技術・技能の伝承”が生命線になるだけに、一度の手抜きが、思わぬ損失にもつながる、と提言しています。

4番打者ばかりを集めて、成績を残せなかった某プロ野球団を引き合いに、チームワークとは、多様な能力が集まってこそ発揮されるもので、そのためには、企業が適材適所、人材を自ら育成する努力は欠かせない、とも書いています。

うむ、なかなか難しいところですね。

研修を施したからといって、社員にその気がなければ、企業の思う通りに育つとは限らないし、かといって、全く勉強の機会を与えず、必要なときに、必要なだけ、優秀な社員をどこかから集めてきても、やっぱりうまくいかないだろうし。

いずれにしても、これからはますます、企業と社員の間に、”愛社精神”のようなものが、成り立ちにくい時代になって行くのかもしれませんね。

で、自分を振り返って見ると、会社を辞めた今、あの新人研修の3ヶ月が一番懐かしく、そして最も輝いていたような気もするな~・・・。

なんと言っても、研修最後の”大運動会”では、花のチアガールもやったしな~。なんだったんだろうか、あれは。いずれにしても、若かった。

|

« 参った(><)! | トップページ | 反省。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/10020657

この記事へのトラックバック一覧です: 人材教育。:

» 困った・・ものです [Gan☆のひとり言]
 今日は困った事が色々と・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年5月12日 00:09

« 参った(><)! | トップページ | 反省。 »