« 「海中2万7000時間の旅」 | トップページ | 「武相荘(ぶあいそう)」 »

2006年9月18日

新蕎麦を待ちわびて。

昨日は、久しぶりに、我が家のそば打ち職人が、仕事をしました(*^0^*)。十割そばでございます。

何と言っても、秋はやっぱり蕎麦が似合いますね。0917_1

我が家では、これまで、いろいろなそば粉を取り寄せて試してみましたが、今では、一つのところに落ち着きまして、諏訪湖の近くにある「高山製粉」というお店から、買っています。
http://www.takayamaseihun.co.jp/catalog-new.html

昨日は、その粉に加えて、これまた”お取り寄せ”の温泉水を使ってみましたところ、なかなか相性が良いようです。特にそばつゆが、本当に美味しくできました。

蕎麦は、職人の腕もさることながら、粉と水も大きなポイントになりますね。

”蕎麦の日”は、ともあれ、専属職人に任せっきりのため、私は、とてもらくちんで、それが一番おいしいとこかもしれません(^m^)♪

でも、後片付けが、ちょっと大変(・・)。

早く新そば出ないかな~。うしし。

|

« 「海中2万7000時間の旅」 | トップページ | 「武相荘(ぶあいそう)」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/11937930

この記事へのトラックバック一覧です: 新蕎麦を待ちわびて。:

« 「海中2万7000時間の旅」 | トップページ | 「武相荘(ぶあいそう)」 »