« あれまぁ、不思議!! | トップページ | もしも、生まれ変わったら・・・。 »

2006年10月23日

『紙屋悦子の青春』

今日は朝から気合を入れ、岩波ホールまで、映画を観にいってきました。

夏からずっと見たかった、『紙屋悦子の青春』(主演:原田知世)という作品です。

監督は、「TOMORROW/明日」「美しいキリシマ」「父と暮らせば」の、戦争三部作で知られる、故・黒木和雄監督。

雨の月曜日にも拘わらず、8月の半ばから上映しているにも拘わらず、開場前には、既に50人くらいの人が並んでおり、じっくりじわじわ、その評判が浸透している、息の長い映画であることを、肌で感じて参りました。

”紙屋悦子”とは、劇作家・松田正隆氏の実母で、氏が、”終戦間近にあった、若き日の両親のことを描いた戯曲 「紙屋悦子の青春」”が原作となっている作品です。

昭和20年の春、太平洋戦争末期の日本の家庭の日常生活。

戦時下の日本では、普通に暮らす、普通の人々が、きっとたくさんの場所で、こういう静かな悲しみ、苦しみに翻弄され、そして今も、その矛盾と傷から逃れられずにいるのだろう・・・そんなことを考えさせられる作品だったように思います。

登場人物は、鹿児島の田舎町に暮らす”紙屋悦子”と”兄夫婦”。そして、悦子が思いを寄せる、兄の後輩”明石少尉”と、同期で親友の”永与”。

”明石少尉”もまた”悦子”に思いを抱きながらも、自ら特攻隊に志願するため、出撃を間近に、最愛の”悦子”を親友”永与”に託そうと、自ら二人を引き合わせる。

その”明石”の、秘めた決意を知りながら、戦時下にあって、どうすることもできない、”悦子” ”兄夫婦” ”永与”。

それぞれの思いや心の襞を、一つ一つ、長いカットの中で、静かに描き出した、まさに《舞台》を思わせるような、そんな作品だったと思います。

戦争映画でありながら、戦闘シーンはおろか、砲撃も銃声も一つもなく、ほとんどの場面が、家の中で、ちゃぶ台や座卓をはさんで、家族や友人が、生きるために食べ、そして語り合っている。

効果音もBGMも何も無く、聴こえるのは、”家の中を歩く足音や、湯を注いだり、戸棚を開けたり、手紙を書くときのペンの滑る音”。

そうしたなんでもない”日常の生活音”と、”登場人物のセリフや間合い”を通して、それぞれの感情の流れを、誠、繊細に伝えているため、自然とひきこまれてしまう場面がいくつもありました。

特に劇的なストーリー展開や、激しく心揺さぶられるシーンはないのですが、”ただ静かに、日々の暮らしに最善を尽くしながら、誰かのことを大切に思って生きて行きたい”、そんな優しい日本人の心が、とても自然に描かれているように思いました。

そして、人には、”本当に大切だからこそ、本当に相手を思うからこそ”、決して言葉にはできない心があるんだ、ということを、改めて強く感じる、そんな1時間52分であったように思います。

ふぅぅ~。

私、いつも映画館で映画を見る時って、どんなに泣きたくてなっても、泣いた後の、あのなーんとも言えない所在なさ、いたたまれない感じが恥ずかしくて、大抵根性で堪えるんですが^0^;、今日は、あまりにも胸がぐわーんと詰まってしまって、これ以上我慢すると”窒息するかもっ(◎o◎)!”と思い、覚悟を決めて泣きました。

というわけで、今週は、映画鑑賞の月曜日から始まりましたが、また一週間、元気に過ごしたいと思います(^-^)♪

☆『紙屋悦子の青春』 http://www.pal-ep.com/kamietsu/index.html

|

« あれまぁ、不思議!! | トップページ | もしも、生まれ変わったら・・・。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/12392931

この記事へのトラックバック一覧です: 『紙屋悦子の青春』:

» 『紙屋悦子の青春』 [京の昼寝〜♪]
大切なものを、忘れていませんか。 ■監督 黒木和雄■脚本 黒木和雄・山田英樹■原作 松田正隆■キャスト 原田知世、永瀬正敏、松岡俊介、本上まなみ、小林薫□オフィシャルサイト  『紙屋悦子の青春』  昭和20年の春、両親を失ったばかりの娘・紙屋悦子(原田知世)は、鹿児島の田舎町で優しい兄・安忠(小林薫)、その妻・ふさ(本上まなみ)と肩を寄せ合う慎ましい毎日をおく�... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 22:37

» NO.166「紙屋悦子の青春」(日本/黒木和雄監督) [サーカスな日々]
蒸し暑い終戦記念日。 どうしてもこの日に、観たかった遺作だった。 8月15日終戦記念日。岩波ホール。2006年4月12日、脳梗塞のため死去した黒木和雄監督の遺作。 朝から、小泉首相の靖国参拝で、世の中は騒いでいる。賛成も、反対も、識者や政治家の発言も、僕には、蜃気楼のように映っている。またも発生した台風のせいで、小雨がぱらつき、いつも以上に蒸し暑い。 僕は、この日に、どうしても、「紙屋悦子の青春」を、観たかった�... [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 17:31

« あれまぁ、不思議!! | トップページ | もしも、生まれ変わったら・・・。 »