« 「ひとり」が許せる基準とは。 | トップページ | 下丸子ユニゾン ライブ報告。 »

2006年12月21日

案ずるより、生むが易し。

今日は、ちょっぴり落ち込む一日でした。

自分の性格。

直したい所、わかっているのに、直せない。

こればっかりは、本当、どうしようもないですねぇ。

昔からそうなんですけど、私、一つのことが気になり出すと、何をしていても、ついついそのことばっかり考えて、なかなか気持ちを切り替えられなくなってしまう時があるのです。

”もう止めよう、考えないようにしよう”・・・そうい聞かせながら、結局それで、また考えてる。

出口の見えない、自問自答・・・というやつですね。

ということで、今日は、そうやって、いつまでも同じ場所で考え続けていても、行き詰まるだけだから、ここは一つ勇気を出して、えいっ、と一歩前に進んでみることにしました。

つまらない意地や見栄、そういうものを、ひとまず忘れて、一歩前へ・・・・。

そしたら・・・・。

なーんだ~、なんだ~、ふーん、そっかそっか~、そうなんだ~ってな感じで、心配していたことは、どうってことない結果に終わったのであります。

は~、そんなものなんですよね~、全く。

一人勝手に、見えない相手にやきもきしたり、起こってもいない事態を想像して、一喜一憂したり。

あとから考えると、なんでそんな些細なことにこだわっていたんだろうって、バカらしくなるんだけど、渦中にあると、なかなかその一歩が踏み出せない。

でも、逆に、そうした、ほんのちょっとの風穴で、事態は意外と簡単に動き出したりする。

そういうものなんですね。

案ずるより、生むが易し、か。

でも・・・・生むのは、やっぱり大変です(笑)。

|

« 「ひとり」が許せる基準とは。 | トップページ | 下丸子ユニゾン ライブ報告。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/13153871

この記事へのトラックバック一覧です: 案ずるより、生むが易し。:

« 「ひとり」が許せる基準とは。 | トップページ | 下丸子ユニゾン ライブ報告。 »