« 日々是、うた。 | トップページ | 茨の道は続く。 »

2008年1月 8日

雷電くるみの里

車であちこち遠出をするとき、楽しみの一つに”道の駅”がありますが、中でも私のお気に入り。

それは、長野は東御市にある、『雷電くるみの里』です。

軽井沢経由で帰省する際には、毎回必ず立ち寄って、おいしいくるみやくるみ製品を買い込みます。

くるみはもともと大好きで、家でもよく食べますが、そのほとんどが輸入品(主にアメリカ)。

普段、国産品、しかも信濃くるみはなかなか手に入らないため、ここぞとばかりにたくさん買いたくなってしまうのです。

それはなぜか・・・?

それは、言うまでもの無く、味が全く違うからなのであります!!

海外産のくるみと、信濃のくるみ。

カニカマと蟹缶の違いは、あまりよくわからない私ですが、くるみの違いは、100%言い当てる自信があります。

子供のころ、”マドレーヌ”なる洋菓子は、めったに食べられない憧れのおやつでありましたが、そのおへその部分にちょこんと飾られていた”くるみ”。

今にして思えば、あれはまさしく信濃くるみだったに違いありません。

子供心に、あの素晴らしい風味は忘れられず、マドレーヌと言えばくるみ、くるみと言えばマドレーヌ・・・。

・・・と深く脳裏に刻まれてしまった私は、くるみの味にはいささかうるさいのであります。

(最近のマドレーヌには乗っていないですね)

くるみ博物館HPによると、信濃くるみのほとんどは、東御市で作られたもので、現在その種類は24にも上るそうですが、『雷電くるみの里』の”情報コーナー”にも、いくつかの実物が展示されているので、その様子がよくわかります。

Kurumi_2

今回も殻付きのくるみをどんと買い込みまして、写真の”くるみ割り専用道具(これはとても便利)”で、毎日少しずつ割っては楽しんでおります。

たかがくるみ。

されどくるみ。

懐かしくもおいしいものに出会えるとき、それは日々の暮らしの潤い。

ところで。

”雷電為右衛門”と言えば、信濃の誇る、天下無双の名力士でありますが、これまで何度も立ち寄った道の駅なれど、”雷電展示室”には、まだ一度も足を踏み入れたことの無い私は、やっぱりただの”おつまみ好き”、なのでありましょうか・・。

お近くにお越しの際は、是非立ち寄ってみてくださいね。

くるみ餅&くるみ味噌もお薦めです♪

|

« 日々是、うた。 | トップページ | 茨の道は続く。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/17620332

この記事へのトラックバック一覧です: 雷電くるみの里:

« 日々是、うた。 | トップページ | 茨の道は続く。 »