« 今宵、会いにゆきます。 | トップページ | 小さいけれど、手ごわいヤツ。 »

2008年1月27日

貫くこと、柔らかきこと。

美しすぎて、君が怖い~♪

そんな眩しいほどの富士山が、今朝も眼前に佇んでおります。

先週金曜日、浜田真理子さんのライブに行って参りました!

予想以上に素敵な”人柄&歌”に、ワタクシ、ますます惚れてしまいました(;-;)。

あっという間のひとときではありましたが、まるまる1時間、アンコールも含め、10曲も歌ってくれました。

瞬きするのも、惜しかったです。

実物の真理子さんは、思ったよりもずっとずっとかわいらしくて優しくて<私の中では、おっかないイメージが先行しておりましたゆえ(汗)>人として、女性として、本当に輝いておりました。

あの”声”は、あの”落ち着き”は、一体、どこから生まれて来るのでしょう。

たった一人舞台の上、グランドピアノと向き合う真理子さん。

”私の歌を聴いて、私の歌を受け止めて・・”

そういう気負いや主張が、全くと言っていいほど感じられず、本当に楽しそうにゆったりと、ただ歌いたいから歌っている。

ただ、歌があるから歌っている。

そんな柔らかい空気が、終始舞台を包んでいたように思います。

一方会場は、そんな真理子さんのペースとは裏腹に、曲を追うごとに引き込まれて行く。

私は、早目に到着した甲斐あって、最前列に座ったためv(^-^)v、他のお客さんの姿は見えませんでしたが、背中に押し寄せる拍手のパワーが、着実に、強く長くなって行くのを感じました。

真理子さんのライブは、真理子さんが、”歌と暮らしに貫くスタイル”そのまま。

故郷・松江の風をふわりと纏いながら、日常の延長に、気負い無く生み出される非日常。

ピアノも歌も、ものすごい実力なのに、その7割くらいを、ポンとどこかに置いたまま、残り3割で、苦も無く作り上げたように見せてしまう、ゆとりの世界。

だからつい、聴いている私も、さも、自分が舞台の上で歌っているかのような、そんな錯覚に陥ってしまう瞬間があったり。

でもそれは、あくまでも、”そう見える”だけであって、実際は、ものすごい”集中と消耗”のライブなのだと思います。

どこかのインタビュー記事に、『ライブのあとは、毎回具合が悪くなるから、いわゆるツアーのようなことは絶対に出来ない』と話していたのを思い出します。

24時間音楽に浸るのではなく、”(普段、別に持っている)仕事”や”家族”や”友達”や、そうした生活の調和の中からこそ生まれ出る音楽。

そのスタイルを貫くことの強さと柔らかさにもまた、私は惹かれて、そして憧れているのだということを確かめる夜でもありました。

いずれにしても。

いつか松江に聴きに行けたら・・とずっと思っていた真理子さんを、こんなに早く、こんなに身近なところで聴くことが出来た私は、本当にラッキーでした(東京でのライブは、いつもあっという間にチケット売切れてしまうのです)。

ライブ後は、真理子さんの姿は見えませんでしたが、つい勢い余って持参してしまった地元のお菓子を、受付の方にモジモジ(。・_・。)とお願いし、あとはひたすら八王子の駅へと家路を急いだのであります。

あぁ~、本当に素敵なライブだったな・・・・。

また会えるといいな。

いつか、やっぱり松江にも聴きに行っちゃうかもしれないな~。

その日を楽しみに、私も、今の私に出来ることを、まずは一つ一つやって行こう~。

☆ご参考までに、当日の曲目を浜田真理子HPから転写いたします。
CD未収録の曲を聴けて、感激でした。どれも素晴らしかったけど、特に、5.6.7.8の4曲は染みました~。”骨董屋”は、超カッコイイです!

1.愛の風(作詞・作曲:浜田真理子)※
2.爪紅のワルツ(作詞・作曲:浜田真理子)
3.この恋を捨てたら(作詞・作曲:浜田真理子)※
4.赤色エレジー(作詞:あがた森魚 作曲:八洲秀章)
5.雪が降る(作詞・作曲:S.Adamo 訳詞:安井かずみ)
6.骨董屋(作詞・作曲:浜田真理子)※
7.哀しみのソレアード(作詞:F.Specchia/M..Seimandi/A.Salemo
   作曲:Zacar/D.Baldan)
8.失恋ブルース(作詞・作曲:尾関真)
9.わたしたちのうた(作詞・作曲:浜田真理子)※
アンコール
純愛(作詞・作曲:浜田真理子)

※新曲(CD未発売)

|

« 今宵、会いにゆきます。 | トップページ | 小さいけれど、手ごわいヤツ。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/17841160

この記事へのトラックバック一覧です: 貫くこと、柔らかきこと。:

» イラスト上達マニュアル・4つの画材で19通りの描き方・DVD解説付き通信教育系教材 [イラスト上達マニュアル,貫くこと、柔らかきこと。]
実際にペットの肖像画を描いているイラストレーターが、4つの画材(鉛筆、色鉛筆、水彩絵具、オイルパステル) を使って動物の19通りの描き方を解説しています。一枚のイラストが描きあがるまでを収録したノーカットDVD付きです。 一つの画材の解説だけを集中的に学習できる分割バージョンもご用意いたしました。 ... [続きを読む]

受信: 2008年1月30日 15:02

« 今宵、会いにゆきます。 | トップページ | 小さいけれど、手ごわいヤツ。 »