« 二人のルノワール。 | トップページ | ”3/8(St) ソラうた vol.25 詳細” »

2008年2月 8日

『犬は神様』

・・・という、エッセイを読みました。0208_3

著者は、銅版画家の山本容子さん。

山本さんが、子供の頃から飼った5頭の犬たちとのエピソードを、自分の人生に絡めながら振り返る、という内容で、80ページ程度の短編のため、あっという間に読めてしまいます。

淡々と綴られているだけに、ちょっとジーンとする場面もあって、とても面白かったです。

”犬”と言えば、私自身は、住宅事情等々で、これまで一度も飼ったことはありませんが、夫の実家には、かつて牡の柴犬がいました。

名前は、竜(りゅう)といいます。

13歳まで生きました。

・・・と言っても、夫の大学時代に死んでしまったので、私は会った事がありません。

ドテっ!

でも、何度も話題に上ったり、写真を見ているうちに、すっかり自分も、一緒に飼っていたような、昔から知っているような、そんな気になっているのです。

夫は、ことあるごとに ”自分に一番懐いていた”・・と自慢しますが、義母の話によると、今は亡きおじいさんのことが一番好きだったそうで(やっぱりね(笑))、そんな大好きなおじいさんが、老犬になった”りゅう”のためにと、こしらえてくれた新しい犬小屋。

その犬小屋が完成した日。

よろよろとおぼつかない足取りで、古い小屋から連れて行かれる途中、ほっとしたように、息を引き取ったのだそうです。

いつだったか、そんな”りゅう”の命日に、たまたま夫の実家に二人で帰っていたことがありました。

せっかくだからと、好きだったハムや魚をお皿に乗せて、”りゅう”の眠っている”竜の髭(これは植物)”の根元にお参りをしました。

するとその夜のこと。

自分たちの部屋でくつろいでいると、身体のすぐ近くで、今まで一度も聞いたことのない、ピシピシっ、という、とても大きな音がして、私はなぜだかそのとき咄嗟に ”りゅうが来た!”と感じました。

そしたら、なんと夫も同じことを思っていたようで、二人でびっくりしてしてしまいました。

不思議なことがあるものです。

今となって見れば、ただの思い過ごしだったのかもしれません。

でも、私たちが帰ったことを”りゅう”が喜んで、近くまで遊びに来てくれたのかもしれないと思うと、私も、家族の一人として、”りゅう”が受け入れてくれたような気がして、ちょっと嬉しい気持ちになるのです。

さて。

明日からの三連休、そんな信州へまたまた帰省します。

ようやく、かの”エアロバイク”を実家へ運び入れます。

気づけば、富士山に向って、既に100キロ近く漕いでしまった私です^-^;;。

キコキコ~。

ウォーミングアップは万全です。

ちょっと重いけど、エンストしないよう、気をつけて行ってきます。

天気が崩れるみたいですがなんのその。

どうぞよい週末をお過ごしください!

*たった今、ひろあさんのブログを見て、絵文字が使えるようになっていることを発見しました。
これは使ってみなければ~!!

ということで、noodlespariceballbottlefish 
早速、好きなもの・・・入れてみました。うはは。

|

« 二人のルノワール。 | トップページ | ”3/8(St) ソラうた vol.25 詳細” »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/40046294

この記事へのトラックバック一覧です: 『犬は神様』:

» 犬の十戒 [Tonの日々雑感]
今日、床屋に行った時、お店においてあったあるHPのプリントアウト。思わずホロリと [続きを読む]

受信: 2008年2月13日 11:56

« 二人のルノワール。 | トップページ | ”3/8(St) ソラうた vol.25 詳細” »