« 守りたいもの、譲れないもの。 | トップページ | 冬越え。 »

2008年3月26日

落花生。

今日は、二十日大根の種を蒔きました。

根菜は初めてなので、楽しみです。

その名の通り、二十日ほどで収穫できるため、せっかちの私にはとても嬉しい野菜の一つ。Photo_3

ところで。

その名の通りと言えば、”落花生”。

名前の由来、ご存知でしょうか。

”花が落ちて実が生まれる” Photo_6

それは、まさに落花生の成長過程そのもの。

6月ごろ、小さな黄色い花を咲かせた後、その花が落ち、茎が子房柄となって、土の中にどんどんもぐって行く。

そのもぐった先の地中で、落花生の実は生るのだそうで、引っ張り出しての収穫はなかなかの手間なのだそうです。

Photo_7

根っこでもないのに、不思議な結実です。(イラストは、八街市のHPから拝借。)

普段何気なく食べている植物にも、探ればそれぞれ、思いがけない秘密が隠されているものなのですね。

実は先日、その落花生にまつわる、ちょっとしたハプニングがありまして。

夫の実家の冷蔵庫に、大事に保管されていた貴重な”落花生の種”。

それとは知らぬこの私。

晩のお酒のつまみにちょうどいい!と、ついつい食卓に引っ張り出し、湿気っていると勘違いした末、こともあろうに、懇切丁寧、炒ってしまいまして。

Oh!

聞けばなんでも、千葉に住む義母の友人が、わざわざ送ってくれた、”とっておきの種”だったようで、ことの顛末を知った義母の顔には、少なからず落胆の色が~・・ぁぁぁ。

こっそりつまみ食いしたとき、どうりで”生々しい”味がしました(冷汗)。

まさかあれが種だったとは・・。

よく考えてみれば、生の落花生なんて、普段お店では見かけないですよね。

・・・・ということで、安曇野は義父母の畑に、この夏、芽を出すはずだった落花生。

花を咲かす夢は潰え、彼岸の夜、酒のつまみへとあえなく消えてしまったのでありました。

でも、それがきっかけで、落花生の名前の由来がわかったし、タネの味もわかったし。

禍い転じて福と~・・・・?

・・・はなってないですね、はい。

今度から、タネ類、豆類、気をつけます(・・、)

|

« 守りたいもの、譲れないもの。 | トップページ | 冬越え。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/40640878

この記事へのトラックバック一覧です: 落花生。:

« 守りたいもの、譲れないもの。 | トップページ | 冬越え。 »