« ザ・スクープ! | トップページ | パタパタ君。 »

2008年4月21日

最近(最後まで)観たDVD。

家で、お菓子をつまみ、ゴロゴロしながら見る映画。

そんな時間はたまらなく好きです。

好きですが、あまりの心地良さに、その5割以上は、確実に睡魔に負けてしまう私。

しかも、映画の内容がおもしろいかどうか、そのことには直接関係ない・・。

あれは本当に不思議です。

そんな中、もちろん最後まで観通す場合もありまして、最近で言うならば、『めMegane_4がね』がその一つです。

監督・脚本は、少し前、静かなブームを呼んだ『かもめ食堂』と同じ荻上直子さん。 

キャストも、”もたいまさこ&小林聡美”は共通で、映画に流れるトーンや映像の美しさは、”かもめ食堂”によく似ています。

ストーリー自体は、いたってシンプルで、”人にとっての本当の自由とは?”・・・というようなテーマを、あまり凹凸のない展開の中に、淡々とちりばめている。

『かもめ食堂』を観た時も、直後は、どうってことない映画だな~・・・・と思ったのに、時間が経つにつれ、なぜだかじわじわ効いて来る・・・。

今回も、それと同じような感想を持ちました。

また、劇中、さりげなく使われている音楽。

”映画音楽”というと、どことなく”大作”というイメージがありますが、ここで使われている音楽は、むしろ”効果音”に近いもの。

控えめながら、映像としっくりマッチしていて、それも印象的でした。

こちらで試聴できます。

それと、もう一つ、完・鑑賞?した作品を挙げるとしたら、アルゼンチン映画の『ボンボン』・・・かな。

まじめだけが取り柄のような中年男性が、職を失い、運のない毎日を過ごす中、ひょんなことから出遭った白い猟犬”ボンボン”。Bonbon

この”ボンボン”がやって来た日から、身の回りに少しずつ、いいことが起こるようになる・・・。

こちらもいたってシンプルなお話ですが、この映画で、最初から最後まで、終始釘付けになったもの、それはなんといっても、主人公を演じるファン・ビジェガスです。

その ”表情”や”存在感”は、セリフの少なさに相反し、主人公の人物像を物語るに十分過ぎて、一体どういう役者なんだろうと、観ている間中、興味津々。

早速調べてみましたところ、なんとこの方、”この役柄のために抜擢された、役柄と同じ経歴を持つ 全くの素人”なのだそうです!

う~ん、それはすごい!すご過ぎる!

あのぎこちなさは、演技なのか、素のままなのか。

この映画、世間の評判は、必ずしも良いとは言えないものですが、私の中では、”最良のプロフェッショナルはまた、最高のアマチュアでもある”という言葉を思い出さずにはいられない作品となりました。

・・・ということで、こうして書いてみてわかりましたが、私が最後まで観通せる作品とは、いずれにしても”単純なもの”、ということが条件なのですね~・・(汗)。

さて。

今週乗り切ると、いよいよGWですね。

私の花粉も、ようやく8割方終わりのところまで来た感じです。

GWが明けたら、また歌いたい。

それを楽しみに、一週間元気にがんばります(^-^)ノ

|

« ザ・スクープ! | トップページ | パタパタ君。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/40937032

この記事へのトラックバック一覧です: 最近(最後まで)観たDVD。:

» めがね [川口のりよ詩集]
『めがね』 2007年日本 監督 脚本/荻上直子 出演    /小林聡美 市川実日子 加瀬亮 光石研 もたいまさこ ■公式サイトより■ 「外さないように、失わないように」してきた人生を、ふっと一回休んで、ここに来た。/しかしなんだ... [続きを読む]

受信: 2008年5月14日 00:39

« ザ・スクープ! | トップページ | パタパタ君。 »