« カニのお腹はナゼ割れる? | トップページ | ザ・スクープ! »

2008年4月15日

森の『いろいろ事情がありまして』

041508_2 私のお風呂タイムの友。

愛読書の一つであるこの本のプロローグには

”木がたくさん生えている眺めが「森」なのではなく、無数の生き物のかかわりあいこそが「森」なのです”

・・・こんな一節が記されています。

軽井沢を拠点に、野生動植物の調査研究を行う専門グループ ”ピッキオ”。

その”ピッキオ”が中心となって、無数の生物が複雑に絡み合う、森の四季折々の生態を、【野草】や【鳥】や、【蛙】や【昆虫】、それぞれの個性・能力・経歴にスポットを当て、それぞれの立場に立って書かれた(?)、とても楽しい一冊です。

私は、この本で、初めて、カラマツに花が咲くことを知りました。

アリには、300近い種類がいて、軽井沢の森だけでも、30種類が生息していることを知りました。

私の苗字と親戚のような ”シシウド”。

この”シシウド”は、多年草でありながら、あの花火にも似た”花の塊(花序)”を咲かすのは、人生最後の一回だけ。

その一回で、子孫を残すため、長い月日をかけて作り上げられた受粉の仕組みには、感動すら覚えます。

そんな、多種多様な”森の事情”が、写真とともに、興味深く紹介されていますが、中でも最も心惹かれたもの。

それは ”タネ”の世界です。

自分で移動できない植物にとって、タネは大切な子孫。

風に飛ばされやすいように、動物の毛にくっついて運ばれやすいように、動物に食べられ、糞となって移動しやすいように・・・・。

あの手この手で ”かわいいタネには旅をさせよ” とこらされた巧妙な工夫。

そうした工夫が、タネそれぞれの個性となって、中には、ボタンやビーズのように美しいものもあり、チョウセンゴミシの種子など、その色といい形といい、タネにしておくのはもったいないくらいです。

こんな小さなタネ一つを取ってみても、その後ろ側には、生命の連鎖に果たす、大切な役割がちゃんとある。

知られざるいくつもの営みが複雑に絡み合うことで、”森”は動いているのですね。

この本からは、一年単位の四季にはおさまらない、何十年・何百年という、大きな時の流れの中に生き続けるダイナミックな森の姿を、繊細かつユニークな視点から、伺い知ることができます。

信濃毎日新聞社から1600円。

機会がありましたら是非!

ところで。

どうして急にこの本を紹介したくなったか、といいますと・・。

それは、先日、Cとせさんのブログで とても素敵な”タネ”の話を読んだからなのです。

そして、そのCとせさんも、なんでも他の方の日記を読んでそのテーマを書かれたのだとか。

そうして考えると、これも、立派な連鎖の一つ。

誰かの言葉に、気づかされたり、励まされたり。

私たち人間だって、ささやかだけれど意味のある、いくつもの糸が繋がってこそ、生きていかれるものなのですよね。

|

« カニのお腹はナゼ割れる? | トップページ | ザ・スクープ! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/40885819

この記事へのトラックバック一覧です: 森の『いろいろ事情がありまして』:

» 土の中の宇宙 [Tonの日々雑感]
職場の昼休みの散歩、一橋大学構内の林、その地面。このじめじめした季節に楽しみなも [続きを読む]

受信: 2008年4月15日 12:58

» にっぽんたねとりハンドブック [ちとせ館]
にっぽんたねとりハンドブック トマト、バジル、ミツバ、エンドウ…身近にある色々な野菜。 種子の取り方、保管、繁殖方法のガイドブック。 植物の順応性はすばらしく、種は進化しているって知ってる? その土地の四季を生き抜くことで、次に作られる種はその土地に合....... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 12:47

« カニのお腹はナゼ割れる? | トップページ | ザ・スクープ! »