« しらたま~・・ | トップページ | 年期入ってます! »

2008年10月 1日

『ダット君とピョンコちゃん』

昨日、抱えていた懸案事項の一つがようやく片付き、プチ達成感!

・・・の私です。

ほっ。

ところで。

”ダット君とピョンコちゃん”

この名前、ご存知の方も、きっとたくさんいらっしゃるかと思います。

40年も前に出会って以来、ずっと心の片隅に住み続けていたうさぎたち。

うさぎの姿は焼きついていても、その”名前”も”素性?”もわからず、ずっともやもや探していた2匹のうさぎに、最近再び(ネットの中で)出会うことができました。

NHKの『おかあさんといっしょ』に出てきたキャラクター。

昭和42年から放送された、人形劇なのですが、私はこれが大好きで、ともかくも大好きで、幼心に、その不思議な世界にいつも一緒に旅していたことを覚えています。

司会のお姉さんが、2匹のうさぎのぬいぐるみを、小さな木製の汽車に乗せて出発進行!

その汽車が、トンネルをくぐって山の中から出てくると、あらまぁ不思議!

うさぎは着ぐるみサイズに変身して、今日の物語が始まります。

・・・ということらしいですが、実は、その展開自体については、なぜか全く記憶に残っておらず(汗)、汽車に乗せられる最初のぬいぐるみ。

それだけを鮮明に覚えていたため、あのうさぎが何だったのか、どこに行けば会えるのか、どうしてももう一度知りたくて、ずっと探していたのです。

クタンとした柔らかそうなぬいぐるみ。

その2匹が、身体よりずっと小さな汽車の箱に、ちょんちょん、と乗せられるシーン。

それがまこと可愛らしくて、そのほんのわずか数秒を、テレビにかじりつくようにして、よく見ていました。

ダット君(・・・脱兎君?)の声の吹き替え。

実は、黒柳徹子さんがやっていたのだそうで、これまたびっくりです。

音の記憶については、全く残っていないのが残念です。

あの当時は、そのほかにも、素晴らしい人形劇、いろいろやっていましたね。

ブーフーウーもケロヨンも、そしてひょっこりひょうたん島も。

こんな年齢になっても、懐かしく思い出せるテレビの世界があるのは、とっても素敵です。

とは言え、そんなテレビも今や過熟?の時代。

その内容も、随分と様変わりし、どこか行き先を探しあぐねているようにも見えます。

こうして、私自身がパソコンや、インターネットをフルに活用し、その利便性を享受しているわけですから、その進歩や変化を嫌ったところで現実味もありませんが、私たちのように、”黒い受話器の重たい電話”も”超薄型・ワンセグ携帯”も、両方知っている世代と、後者しか知らない世代では、やっぱり何かが異なって行くのではないか。

そんな気がしています。

・・とと。

何やら話が逸れてしまいましたが、実は白状しますと、先の2匹のぬいぐるみ。

私の中ではずっと、”淡くほのかなピンクと水色”の映像となって残っておりました。

・・・が、それは全くの誤りであったことが判明。

そうでした!

そうでした!

昭和40年代初期、テレビは専ら白黒なのでした(涙)。

こうして記憶は、自分に都合のいいように、ちゃっかり書き換えられて行く~・・

・・・ものなのか、はたまたあるいは、3つ4つの、まだまだ清らかかつ柔軟だった当時の私の目には(滝汗)、もしかしたら、白黒うさぎが、ピンクと水色に見えていたのかも?!・・・知れませんね。

|

« しらたま~・・ | トップページ | 年期入ってます! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/42650480

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダット君とピョンコちゃん』:

» ダットくん [ちとせ館]
ダットくん―げんきな子ウサギのはなし (いいざわただす・おはなしの本 3) 今、NHKの『おかあさんといっしょ』のキャラクターをぽちぽちと見かけるよね。 以前やってた人形劇『にこにこぷん』の、じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりとか。 エコバックになってたり、ペッ....... [続きを読む]

受信: 2008年10月 2日 07:40

« しらたま~・・ | トップページ | 年期入ってます! »