« この冬、歌わぬままに・・『追憶』 | トップページ | 目には目を、春には春を。 »

2009年2月26日

加山又造展

Kayama_4

昨日、新宿まで出かけたその足で、行ってきましたギロッポン。

3月2日まで、国立新美術館にて開催中の『加山又造展』。

いや~、すごかったです!

人の数!

平日、しかも天気も優れぬ中、たくさんの人・人・人(しかも8割方が、ご婦人。・・・って、もちろん、私もその一人なのですが・・)。

本当に、日本は今、戦後最悪の不況なのかしら・・・。

東京ミッドタウン近辺を歩いていると、にわかには信じられない気持ちになってきます。

回顧展そのものは、大変素晴らしく、どの作品もそのスケール、そのパワーに圧倒され、それだけに、できることなら、もっとゆっくり見たかった~・・。

とは言え、せっかく足を運んだのですから、人並みを掻き分けつつも、しっかり全展示を眼にしてまいりました。

新しい日本画の形を模索し続けた加山氏。

その作品には、流れるような、幾多の細密な”線”が、特徴的に描かれていますが、この”線”によって、情緒に溺れない、しかしながら、抽象的になり過ぎない、加山氏独自の柔らかな緊張感が保たれているのかな・・と感じました。

花鳥風月、季節のモチーフがたくさん表現されていましたが、なぜか、どの作品にも”夏”が無い(今回の展示に限ってなのかもしれません)。

そのことも、とても印象的でした。

また、月をモチーフにした作品がたくさんありましたが、見れば見るほど、加山氏の描く月は、地上にある。

空に輝くでも、掛かるでも、浮かぶでもなく、空から切り取られ、地上に置かれている。

まさにそんな感じがして、”月”好きの私には、暖かな温度を持つ存在にも見えました。

いや~・・・。

それにしても、六本木は変わりましたね~。

・・って。

どんな風に?

本当は、”以前”もよく知らないんですが・・(^-^;;)

ともあれ、とっても疲れたので、ミッドタウン内のドリンクバー(?)でコーヒーを飲み、一息ついて、ちょっとぶらぶら。

あとは一気に、”大江戸線の走る駅”へ。

あぁ~・・・、たまには都会でちょっとオサレな気分に浸ろうかしら、と思ったけれど、中央線へと乗り換えた途端、心は多摩へ、Viva My Home Town!

私ったら、いつの間に、こんなにも、都会の空気から脱落してしまったのでしょうか。

ちこっとショックでもありました。

まぁ、年を重ねるということは、自分の本質に立ち戻って行く、ということなのでしょう。

せっかく、ミッドタウン内の素敵なマーケットに入ったのに、買ったものと言えば、大好物の”芋けんぴ”と、ちょうど切らしていた”白ごま”(滝汗)。

あぁ~・・・、哀しいほどに、骨の髄までエコノミーなワタスですmoneybag

|

« この冬、歌わぬままに・・『追憶』 | トップページ | 目には目を、春には春を。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/44183262

この記事へのトラックバック一覧です: 加山又造展:

» 六本木 美術館 [六本木 美術館]
六本木の美術館についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 23:54

« この冬、歌わぬままに・・『追憶』 | トップページ | 目には目を、春には春を。 »