« 目には目を、春には春を。 | トップページ | ばねもってこい2009 レポート。 »

2009年3月 4日

そして6年目。

昨晩の雪。

今朝はまた、車のフロントガラスが凍っているかと、ペットボトルにお湯を持参したら、しっかり溶けていてちょっぴり拍子抜け。

周囲を見渡すと、みなさんしっかりワイパーを立てて備えている様子が、なんだかとても微笑ましかったです(^-^)。

3月の雪。

・・・と言えば、思い出すな~・・、5年前。

無我夢中、”弾き語り第一歩”を踏み出したその日のことを。

ネットでみつけた”藤沢クラジャ”。

”ライブハウス”がどんなものか、全くわからない私は、お店のマスターに、散々メールで、”こんな私で大丈夫でしょうか・・” ”人前で歌うのは初めですが・・・”と、何度も何度もしつこく念押し。

その末ついに ”なんでもライブ”に参加することを決意し、高鳴る胸を抑えつつ、いよいよ当日の朝を迎えると・・・。

なんとびっくり、霙交じりの荒れ模様。

どういうことじゃ~(T-T)、よりにもよって~、三月も半ばだというのに~!!

それはそれは、本当に寒い一日で、夕方になるにつれ、雪も本降りになり、出かける気持ちはほとんど失せかけていたのですが・・・。

何かに引っ張られるように、何かに押されるように。

結局、電車を乗り継ぎ、気づいたら、お店の隅っこに、ちんまりと座っていたのですよね、私。

2時間かけての雪の旅。

あのときの、あの不思議なパワー。

あれは、一体何だったんだろうと、今でも時々思い返すことがあります。

初めての土地、初めてのお店、初めての弾き語り。

ちょっと前まで、よもや自分が足を踏み入れようとは思いもしなかった音の世界。

冷汗したたる緊張の中、ピアノと格闘したその2曲は、幸か不幸か、MD録音があるばかりに、今でも消せない、ほろ苦い記憶(・・いや、MD消せばいいんだけど・汗)

始めの一歩は、未知への一歩。

先の見えない旅への出発。

でも。

そんな一歩が積み重なって、やがてそれは”経験”となり、自分を支える重さになる。

この先、どんな風に旅が続いて行くのか、それは誰にもわかりませんが、あの雪の日から5年、ともかく試行錯誤で歌ってきた。

何よりそのことを誇りに思いながら、気持ちも新たに、6年目に突入して行く所存です。

細く長く、明らめつつも、諦めず。

日々の暮らしを大切に。

今日も素敵な一日を。

|

« 目には目を、春には春を。 | トップページ | ばねもってこい2009 レポート。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/44239914

この記事へのトラックバック一覧です: そして6年目。:

« 目には目を、春には春を。 | トップページ | ばねもってこい2009 レポート。 »