« 類は友を・・ | トップページ | 欲しかった一押し。 »

2009年6月20日

6月の邦画。

今月に入って、邦画DVDを4本観ました。

少々ココロのゆとりが出来たということでしょうか。

期待はずれ、期待通り、期待以上・・・、さまざまありますが、今回の期待以上は、一本だけ。

百万円と苦虫女

いわゆる若者向けの青春物かしら・・と思いつつも、出ている役者が好きだったので、借りてみましたところ、これがなんと、意外にも面白かった!

この手の映画にありがちな、”いかにも”、という押し付けがましさも感じられず、地に足の着いた現実味も適度にあって、中盤から後半にかけては、ぐんと引き込まれて行きました(前半は少々強引)。

社会からはみだした、ちょっと変わった女の子。

その主人公の、悪戦苦闘成長物語?

いやいやそうとも言い切れず、単なる青春物とも言い切れない。

登場人物一人一人の心情がとても丁寧に描き出され、ストーリーの展開にも、エピソードにも、無駄なものがないなぁ、という印象でした。

主演の蒼井優がとてもいい。

えもいわれぬ凄みがあって、はまり役と思われます。

以前観た『人のセックスを笑うな』でも、主演の永作博美を食うくらいの存在感があった・・・と記憶しています。

私は、つまらないと、大抵、早送りでどんどん飛ばしてしまうのですが(汗)、この映画は、そういう部分もなく、最後まで気持ちの途切れることなく観ることができました。

ラストのシーン。

ここをどう捉えるか。

おそらく世代によって分かれるところでしょう!

もやもや~っとした、じれったいものが残るとしたら、それはきっと若さの証拠。

”人生全てなるようになる。なるようにしかならないのがまた人生。”

そう感じたアナタとワタシは、やっぱりオトナ(笑)。

機会がありましたら、是非!

ちなみに、その他の3本は、

グーグーだって猫である
東京ソナタ
ジャージの二人

いずれも気づけば、なんとな~く・・だらだら~っと観てしまったという感じです。

面白いか面白くないか。

映画でも歌でも絵画でも、表現されたものに、興味が持てるか持てないか。

それはもうひとえに、”個人の好み” に尽きる世界。

それは紛れも無い事実。

・・・ではありますが、やはり分かれ目となるのは、描きたい!という作者の情熱。

突き動かされる想いがあるかどうか・・。

映画に限らず、表現されるものはおしなべて、描きたいことが何なのか、少なくとも、まずはそれが作者の側ではっきりしていないと、観ている人はついていけない・・・

・・と、そんなことを改めて感じました。

さて!

休日は、なぜかいつも以上に早起きの我が家ですが、今日は終日夫にフラれてしまったので・・・

仕方がない。

こことは一つ、家の片付けにでも勤しみましょうか~・・

・・って☆\(-_-;)。

せっかくのお休みにそれもなんなので、買い物がてら、ふらりと街に繰り出してみようと思います♪

・・まぁ、電車で7分、いつも行ってるとこだけど(汗)。

どうぞみなさま良い週末を~(^-^)♪

|

« 類は友を・・ | トップページ | 欲しかった一押し。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/45389129

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の邦画。:

« 類は友を・・ | トップページ | 欲しかった一押し。 »