« かっぱと私。 | トップページ | 明日はクラスタ♪ »

2009年7月31日

7月のDVD。

ここのところ、暑さと興奮(?)で、寝不足が続いていましたが(なんだかんだと思い巡らすことの多いお年頃なもので・・)、今朝は、久しぶりにすっきりとした目覚めです。

随分涼しかったですものね。

今月も、ぽつぽつと、DVDを鑑賞しましたので、その中から、3点ご紹介。

☆『東南角部屋二階の女Photo_7

ストーリーは、西島秀俊演じる”野上”を中心に、父の残した借金、祖父の所有する古いアパート、そうしたものを巡って、まつわる人々の現在・過去が交錯しながら、生きることに迷い悩む、若い彼らの心に何かしらの種を落とす・・・・

出ている役者が、皆、とても自然に物語に溶け込んでいて、のんびりと、お休みの午後などに似合いそうな、ほっとできる作品です。

中でも、小料理屋のおかみ、藤子役の香川京子がとてもよかった。実に気品溢れる美しさに満ちていました。

私はやっぱり、洋画も邦画も、燻し銀の女優さんが好きだな~・・と改めて認識。(・・・と言いつつ、涼子役の竹花梓も、とても可愛かったです。)

☆『On Golden pond』(邦題 『黄昏』)Photo_5

とにかく、映像と音楽が美しい。それだけで十分価値がある!と思わせる作品。

物語は、キャサリン・ヘプバーンとヘンリー・フォンダ演じる老年夫婦が、老いる事の寂しさ、恐怖、そうしたものに直面することで、自らの心の内側と向き合い、やがて家族が、自立した人間同士として、今一度その絆を取り戻して行く・・・

父娘の長年の確執・・というのが、伏線としてこの映画を引っ張って行きますが、その娘役にジェーン・フォンダ。

実の親子の共演は、なんとなく胸に迫るものが。

キャサリン・ヘプバーンは、『旅情』を観て以来好きになりましたが、往年のこの作品にも、格別な味わいがありました。

☆『君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956Photo_6

”万人受けはしないだろうが、とても上質な一本”

・・と、誰かが書いていました。

まさにその通りの作品だと思います。

ソ連の統治に、自由と解放を求めて武装蜂起したハンガリー動乱。

オリンピック史に残る実在の水球チームが、宿敵・ソ連との決勝戦を制すまでのエピソード、その水球のトップ選手のカルチと、学生運動を主導するヴィキとの心模様を絡めながら、歴史的史実に側した一連を映像化した作品。

ハンガリー革命が、どんなものだったのかを知る上でも、とても素晴らしい作品だと思います。

ラストのシーン、カルチとヴィキ。

互いに、祖国を愛し、家族を愛し、貫くものを貫いたが故の、それぞれの運命。

極めて冷静に、ハンガリーの背負ってきた歴史を描き出している作品だと思います。

関連して、我が家のことを少々・・。

15年ほど前のことですが、宮本輝の『ドナウの旅人』という小説を読んだことがきっかけで、東欧に興味を持ち、安チケットで、リュックを背負い、オーストリア、ハンガリーと訪れたことがあります。

そのときは、もちろん既に民主化され、ブダペストも観光地化された街にはなっていましたが、それでもやはり、訪れる場所、そこかしこに、抑圧の影を肌で感じた記憶が。

・・そして・・・

事件は勃発!

忘れられない、あり得ない、驚愕の(夫の)パスポート紛失事件が~!!

到底ここには書ききれない、嘘のようなホントの話。

いずれ機会がありましたら、焼酎でも飲みながら、臨場感たっぷり、お話したいです。

スリル満点だよ~。

みなさま、どうぞ素敵な週末を~♪

|

« かっぱと私。 | トップページ | 明日はクラスタ♪ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/45790767

この記事へのトラックバック一覧です: 7月のDVD。:

» 肌 クリーム [肌 クリーム]
肌のクリームは肌の状態によって違うクリ−ムを使いましょう。肌 クリームの紹介です。 [続きを読む]

受信: 2009年8月15日 00:14

« かっぱと私。 | トップページ | 明日はクラスタ♪ »