« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日

7月のDVD。

ここのところ、暑さと興奮(?)で、寝不足が続いていましたが(なんだかんだと思い巡らすことの多いお年頃なもので・・)、今朝は、久しぶりにすっきりとした目覚めです。

随分涼しかったですものね。

今月も、ぽつぽつと、DVDを鑑賞しましたので、その中から、3点ご紹介。

☆『東南角部屋二階の女Photo_7

ストーリーは、西島秀俊演じる”野上”を中心に、父の残した借金、祖父の所有する古いアパート、そうしたものを巡って、まつわる人々の現在・過去が交錯しながら、生きることに迷い悩む、若い彼らの心に何かしらの種を落とす・・・・

出ている役者が、皆、とても自然に物語に溶け込んでいて、のんびりと、お休みの午後などに似合いそうな、ほっとできる作品です。

中でも、小料理屋のおかみ、藤子役の香川京子がとてもよかった。実に気品溢れる美しさに満ちていました。

私はやっぱり、洋画も邦画も、燻し銀の女優さんが好きだな~・・と改めて認識。(・・・と言いつつ、涼子役の竹花梓も、とても可愛かったです。)

☆『On Golden pond』(邦題 『黄昏』)Photo_5

とにかく、映像と音楽が美しい。それだけで十分価値がある!と思わせる作品。

物語は、キャサリン・ヘプバーンとヘンリー・フォンダ演じる老年夫婦が、老いる事の寂しさ、恐怖、そうしたものに直面することで、自らの心の内側と向き合い、やがて家族が、自立した人間同士として、今一度その絆を取り戻して行く・・・

父娘の長年の確執・・というのが、伏線としてこの映画を引っ張って行きますが、その娘役にジェーン・フォンダ。

実の親子の共演は、なんとなく胸に迫るものが。

キャサリン・ヘプバーンは、『旅情』を観て以来好きになりましたが、往年のこの作品にも、格別な味わいがありました。

☆『君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956Photo_6

”万人受けはしないだろうが、とても上質な一本”

・・と、誰かが書いていました。

まさにその通りの作品だと思います。

ソ連の統治に、自由と解放を求めて武装蜂起したハンガリー動乱。

オリンピック史に残る実在の水球チームが、宿敵・ソ連との決勝戦を制すまでのエピソード、その水球のトップ選手のカルチと、学生運動を主導するヴィキとの心模様を絡めながら、歴史的史実に側した一連を映像化した作品。

ハンガリー革命が、どんなものだったのかを知る上でも、とても素晴らしい作品だと思います。

ラストのシーン、カルチとヴィキ。

互いに、祖国を愛し、家族を愛し、貫くものを貫いたが故の、それぞれの運命。

極めて冷静に、ハンガリーの背負ってきた歴史を描き出している作品だと思います。

関連して、我が家のことを少々・・。

15年ほど前のことですが、宮本輝の『ドナウの旅人』という小説を読んだことがきっかけで、東欧に興味を持ち、安チケットで、リュックを背負い、オーストリア、ハンガリーと訪れたことがあります。

そのときは、もちろん既に民主化され、ブダペストも観光地化された街にはなっていましたが、それでもやはり、訪れる場所、そこかしこに、抑圧の影を肌で感じた記憶が。

・・そして・・・

事件は勃発!

忘れられない、あり得ない、驚愕の(夫の)パスポート紛失事件が~!!

到底ここには書ききれない、嘘のようなホントの話。

いずれ機会がありましたら、焼酎でも飲みながら、臨場感たっぷり、お話したいです。

スリル満点だよ~。

みなさま、どうぞ素敵な週末を~♪

| | トラックバック (1)

2009年7月29日

かっぱと私。

変なお天気が続いていますね。

「梅雨明け十日」はどこへ行ってしまったのか・・

こんな不安定な空の下、買い物等の外出は、できれば徒歩か車で。

しかし、どうしても、自転車でないと都合が悪いとき。

忘れちゃならない My合羽。

大事な助っ人 My合羽。

この夏は、最早必須アイテムです。

実際、活躍したのは今のところ一度だけですが、みなさん店先で雨宿りする中、颯爽と合羽を取り出し、自転車にまたがるとき、気持ちはなぜか女優モード?!

みんなの視線が熱かった・・・、心なしか熱かった・・・(激・妄想)。

・・で。

この合羽。

私にとっては、実は思い出深い合羽なのであります。

歌を始めて間もない、2004年の10月。

ライブハウス『四谷天窓』のオーディションライブのその日、まさかの台風、関東直撃の予報が。

よりにもよって~・・どないしよう~と、内心恨めしくもなりましたが、せっかくの機会。

ここで怯むわけにもいかず、すかさず買い込んだのが、この合羽、そして長靴だったのです。

当日、荒れ狂う暴風雨に揉まれ、初めて訪れた四谷天窓。

今にして思えば、多摩から遥々”合羽と長靴”での会場入りに、スタッフのみなさんも、さぞかし固まったことでしょう(汗)。

他の出演者の方は、いたって普通の服装でしたから・・。

なはは。

でも、そんな状況の中、見に来てくれたお客さんもそれなりの人数で、その空間だけは、何か別世界のように、静かに穏やかに、優しい時間が流れて行ったのを、今でもよく覚えています。

その後何度か天窓にも出演し、たくさんの経験&勉強をさせてもらいました。

なんだかとっても懐かしいな~・・・・

そうそう!

大事なこと?を忘れていました。

あの日、オーディションが終わり、帰りの中央線に無事に乗り込んだ頃、なんとびっくり、四谷の土手が崩壊したのです~(◎o◎)。

あ~れ~!!

後でニュースで知り、本当にびっくりしました。

危なかったでよ~。

・・・

ということで、あれから5年が経ちました。

今もこうして、細々ながら、歌を続けていられる自分を大事にしながら、来週の『クラスタ』に向けて、しっかり練習に励みましょう~。

女性ボーカルナイト。

8月4日、チュ~(^3^)ずデイ~♪

| | トラックバック (0)

2009年7月27日

チャゲアズ(≧∇≦)♪

Chage_2

勢いのみで突っ走り、懲りても懲りても失敗する・・・

そんな私でありますが、今回ばかりは~?!

行って良かった、CHAGE in 安曇野(略して チャゲアズ)!

興奮した~!

盛り上がった~!

かっこよかった~!

CHAGEさん、なんでもただ今、『CHAGEの細道』というライブツアーの最中だそうで、安曇野には、『CHAGEの寄り道』として、変則的に歌いに来てくれたのだそうです。

嬉しいですね。

ツアーを追いかけ、わざわざ穂高まで足を運んだファンの方もたくさんいて、その熱気と盛り上がりは、まさしく That's 夏休み!

ウッドベース、ギター、パーカッションのアコースティックなバンド編成ながら、アレンジも選曲もバリエーション豊富で、ライブの醍醐味を思う存分体感できました。

それもこれも、あのスケールの会場だからこそ(普段は披露宴パーティーなどに使っているスペースに、ぎっしりと150くらいの客席)。

あんなに間近で、迫力のナマ歌を聴けるなんて、本当もう感激の一言でしたよ(T-T)。

中でも、カバーした『飾りじゃないのよ涙は』。

これがものすごーく、ものすんごくよかったです。

ウッドベースとパーカッションが主体となって、CHAGEさんの歌が絡んで行く、かなりブルージーなアレンジ。

私、パーカッションで、あんなすごい感情表現をする人、初めて見ました(◎o◎)。

いや、びっくり。

はや、釘付け。

根本久子さんという女性なのですが、いわゆるドラムセットではなく、ボンゴを中心に、民族楽器?のような、たくさんの打楽器を駆使しての体当たりPlay。

思うに、あの表現力、あの情念、あの熱情は、女性ならではの天分なのでしょう。

機会があったら、この方のパーカッションだけでも、是非また見に行きたいです!

それにしても。

誰かと誰かが、音を通じ、歌を通じて、何かを共有するその瞬間。

そこには、プロもアマもないことを確信しました。

もちろん、”ビジネス”という側面を切り離せない現実はあるとしても、奏でているその時間に限っては、ただもうそこに、音があって、人がいて。

とてもとてもおこがましいことを承知で書くならば、私自身、心の中で細々目指しているそのことと、根っこの部分においては、何一つ違うことなく繋がっている。

活動歴30年。

これまで、いくつもの大ホールを満員にしてきただろうGHAGEさんが、あのような片田舎の(汗)、小さな小さな会場で、全身全霊歌ってくれる。

その姿を見て、改めて、音楽の持つ意味、その力を感じた次第です。

そうそう!

なんとびっくり、まさかのびっくり。

『ふたりのアイランド』~!

アンコールで歌ってくれました~(^0^*)♪

・・ということで、ここぞとばかりに、私たち、会場の女子全員、”なんちゃって石川優子”になりきっての大合唱を繰り広げてまいりました(笑)。

ホントにホントに楽しかったです!

もひとつおまけに(?)、コンサート終了後は、母の様子も見に行くことができましたし。

アー◎~、いろいろありがとね~。

きっとまた会うじゃん♪

| | トラックバック (0)

2009年7月24日

やっぱりナマだ!

今日は、思い立って、生ピア~ノを弾きに行って参りました。

行き付けの(?)スタジオ。

たったの一時間だけでしたが、とっても楽しかったな~。

調律狂っていても、手入れが行き届いていなくても、やっぱり本物はいい。

ただ弾きたいように弾いて、歌いたいように歌って、あっという間に時間が過ぎました。

いや~、本当に気持ちいい。

思う存分、鍵盤強打するって、発散できるわ~(^-^;)!!

なんて言うんでしょう。

テニスボールやゴルフボールが、ラケット、クラブの芯を捉えた時、ものすご~く柔らかく、はじき返されるあの感じ。

ピアノの鍵盤にも、時々それに似た瞬間があって、その快感に、一人悶える危険な四十路(◎o◎)。

・・・・

そうは言っても、現実には、毎日触れるわけではないですからね。

できるだけ、その感触、その手ごたえを忘れないよう、しっかり身体に留めて、明日からは、また愛しの電子ピアノを強打いたします。

My ハニ~♪

・・とと。

そうでした!

そうでした!

明日と言えば、またまた信州に帰るのでありました。

今回は、何を隠そう自分のため(^-^)b

とっても楽しみな帰省なのです。

高校時代の友人と、穂高ビューホテルまで、”チャゲ”を聴きに行って参ります~。

ナツナツナツナツ CoCoナツ♪

いや~ん、楽しみ~!!

アー○~、誘ってくれてありがとう~。

安曇野で聴く、”生チャゲ・ナマうた・・・”。

どんなかな~。

生・芸能人(・・ミュージシャン)を前にすると、ついつい舞い上がってしまうワタクシ。

以前訪れた、目黒のぺぺちゃん餃子(穂積ペペ氏のお店)でも、ペペちゃん自らのもてなしに、餃子が喉を通らなかった経験が。

ここは一つ、落ち着いて・・・落ち着いて・・・。

固まらないように・・リラックス&リラックス。

・・・って、一緒にご飯を食べるわけじゃないから(汗)。

みなさまも、どうぞ素敵な週末を~(^-^*)♪

| | トラックバック (0)

2009年7月21日

戸惑いの熱。

ここのところ。

なんだかとってもモヤモヤ~。

何かが行き詰っている感じ。

何かが変化しつつある感じ。

なんだかすごくじれったい・・感じ。

これはもしかしたら、弾き語りをスタートして以来、初めての反乱?

・・・自分自身への反発?

誰が言っていたのか忘れてしまったけれど。

表現することを続けて行くと、その中身は、少しずつ変化する・・

・・・のではなく、ある日ある時、溜まっていたマグマが爆発するように、突如豹変するもの、らしい。

うむむ~。

なんとなく、わかるような・・・、全然わからないような。

ともあれ、これまで通りの自分を貫くためにも、これまで以上に、自分の中身を引っ張り出すためにも、一度大きく自分を壊してみたい。

そんな衝動に駆られている、今日この頃です。

これは非常に難しい。

・・・とてもとても難しい。

手段がさっぱりわからない。

言っている意味も、わからない☆\(-_-;)

だけど多分、まだまだどこかに潜んでいる。

知らない自分が潜んでいる。

それは間違いないのです。

夏だって言うのに。

何をやっているんだろうか、私。

歌のこと、考えているうちに終わってしまいそうだよ、夏・・・木マリ。

| | トラックバック (0)

2009年7月17日

醤油の香りに魅せられて。

梅雨が明けた途端、ベランダ脇で、セミや蜩鳴き始め。

夏が来た!

・・・と思ったら、今日は朝から強い雨。

寝苦しい夜に、早くもバテ気味の私にとって、これはまさに救いの雨。

明日からの三連休も、のんびりゆっくり多摩地区ライフを満喫しようと思います。

そして。

来月末、少しだけ涼しい風を肌に感じる頃になったら・・・。

蓄えたパワーを携えて、私は歌いに行くのです。

美味しい香りのあの町へ。

そう。

醤油のふるさと、千葉県野田市♪

ご縁あって、8月29日(土)ショッピングモール『UNICUSウニクス野田』の5周年祭で歌うことになりました。

詳細は追ってお知らせいたしますが、是非、お買い物がてら、気軽に音楽やダンスや、さまざまなパフォーマンスを楽しんでいただけたら。

私は、30分程歌う予定です。

観覧は無料です。
(*物販不可のため、CDの販売は見合わせます。ちこっと残念(・・、)。)

多摩地区からの遠征となれば、日帰り往復もそこそこハードではありますが、何より、普段なかなか出会うチャンスの無い、野田のみなさんに、自分の歌を聴いていただける。

それを今からとても楽しみにしています。

・・・ということで。

まずは今宵(出た~!!)。

あれやこれやを一気にまとめて、ここは一つ、パーッと打ち上げ、景気付け。

・・・とその前に?

美味しいお酒を呑むためにも、本日これから整体へ行って参ります!

先生~、肝臓中心に、がっちりテコ入れよろしくお願いします~。

みなさまも、どうぞ素敵なお休みを♪

| | トラックバック (0)

2009年7月14日

嬉しい気持ち。

無事に、実家を引渡し、今晩東京に戻りました。

紆余曲折、いろいろありました。

しかし今は・・

とてもあたたかな気持ちに満ちています。

家と庭を大事にしてくれる人。

家と庭を気に入ってくれる人。

その一点だけを心に決め、母と姉と三人三脚。

ときどき躓き、ときどきやさぐれ・・・?

その先に出会った縁。

全ての手続きを終え、新しいご家族に見送られながら、旧実家を後にしたとき。

寂しいとか、悲しいとか、手放したとか、取られたとか・・・

そうした後悔の気持ちは不思議と無く、思ったことはただ、”後をよろしくお願いします。”

私たち家族にできなかったことを、これからあの家で、あの人たちが、新しい形でまた続けて行ってくれる。

あの家と、あの庭が、また生き生きと、誰かの暮らしに寄り添うことができたなら。

”懐かしくなったら・・・庭を見たくなったら・・・、いつでも遊びに来てくださいね。”

そういって、送り出してくれた新しい家主の奥様。

その言葉を聞いたとき、”あぁ、これで良かったんだな。みんなの想いが報われたんだな。”

いろんなことが吹っ切れたような気がしました。

草むしりも、芝の手入れも、これからの季節、大変だけど・・・

末永く、お任せ致します(笑)。

さて!

ようやく一区切りついたところで、私はまたいつもの暮らしに専念すると致しましょう。

まずは夫の栄養補給をするべきか、はたまたベランダの手入れをするべきか・・・

梅雨明け一番、それが目下の問題なのでア~ル~r-mark

| | トラックバック (0)

2009年7月12日

『うた工房 第12夜』レポート。

『音蔵』という不思議な空間。

『うた工房』という、妥協なきスタッフ主催のライブ。

その日が近づくに連れて、いつも思うこと。

なんで私は、またしても出演を申し込んでしまったのだろうか~・・・

嗚呼~、嗚呼~・・・・・っ!!

・・・・☆\(-_-;)

そのプレッシャーたるもの、過去の経験が積み重なれば重なるほど増していき、当日を迎える直前は、人知れず、後悔の波が押し寄せるのです(・・すす、すみません(汗))!

・・・・・・・でも。

そうした、ある種”自分自身との戦い”のような壁を乗り越えて、なんとか30分を歌い終えたとき。

その内容がどんなものであろうとも、また一つ、確かな新しい力の芽が生まれる。

それがわかっているからこそ、再びチャレンジしてしまう。

アマチュアだからこそ、純粋に、自分の目指したい音楽に、もっともっと貪欲になっていい。

今回は、これまでの中で最も強く、そして迷い無く、そのことを感じた気がしています。

☆曲目です。

♪ひとり言
♪恋の花
♪みやこ忘れ
♪ミラクル(岩橋信之 EB)
♪大糸線の走る町(岩橋信之 AG)

『大糸線の走る町』は、岩橋さんのギター&ピアノでの初アンサンブルに挑戦しました。ピアノ弾き語りとはまた違った景色、新たな四季の命が宿ったようで、是非機会をみつけて、これからも演奏して行きたいです。

さて!

そんな竹林の風薫る『うた工房』の余韻に浸りつつ、明朝、またまた信州へ帰省します。(・・・どんだけ~、またまた”あずさ”だよ・・・(汗))

いよいよ実家の引渡しが実現の運びとなりそうです。

どうかどうか、万事支障なく、滞りなく進んでくれますように。

みなさまも、どうぞまた素敵な一週間をお過ごしくださいませ(^-^)♪

| | トラックバック (0)

2009年7月10日

明日は「うた工房」(^-^*)

Goya_2 今年最初のゴーヤ、1号2号を収穫しました。

幾分小ぶりですが、今宵のつまみに♪

それにしても、今年のベランダ菜園は不調です(・・、)。

おそらく、カイガラムシ・・だと思うのですが、ナスもピーマンも、ズッキーニもオクラも・・・軒並みやられてしまいました。

こんな狭いベランダですから、風通しの悪さも手伝って、虫がついたら、一気に広がってしまいます。

”農”の世界は厳しいですね。

そんな中でも、無事に育っているのが、ゴーヤ、ハーブ類、そして菊類。

匂いの強いものは、虫にも強い!!

これぞまさしく生命力。

さて、人間の場合は・・・?

”虫の好かない女”より、”多少の虫”はついた方がいい?

・・・ということで、明日はいよいよ、幾多の虫の音捜し求め、東松山の竹林を目指します!

ひんやりと気持ちのいい空気。

蔵の香りに、ひととき蒸し暑さを忘れて。

☆7月11日(土) うた工房の夜 弟12夜
 
 場所: 東松山 音蔵
 入場無料

 入場15:30
 開演16:00 
 終演予定19:30

 出演 :植竹正彦・シンドウアツコ・斉藤信幸・Avant Girl

私は、岩橋さんのサポートで、あの曲を・・・・(出演は2番目、16時半頃の予定です)。

梅雨明け間近の土曜の夜、みなさまのお越しを心よりお待ちしています。

| | トラックバック (0)

2009年7月 8日

腹が減っては・・・

むむ?!

このタイトル、以前も書いたかな?!

ともあれ、お腹がすいた!

お腹がすいたでよ~!!

・・ハフハフ~(◎o◎)。

いつもなら、母のところからこちらに戻ると、ともかくご飯を炊いて、ありあわせのおかずを作る・・・。

もしくは、出来合いのおかずを調達に・・。

夕方家に辿り着くと、慌しいのが常ですが、しかし今日は、義母の作ったおにぎり、野菜のスープがばっちり私の(ついでに夫も?)お腹を満たしてくれる予定なのです。

ありがたや~。

さっき、信州から戻りました。

急用で、またまた帰省しておりました。

今回は、ワケあって、夫の実家にも足を伸ばし(車を借りたのです)、松本ではなく、一つ向こうの豊科からあずさに乗って帰路につきました。

帰り際、手渡してくれたお米2合分のおにぎり。

あずさの中で、ず~っと海苔のいい香りを放っていたな。

「大変だ~、大変だ~・・・」

自らをそう煽って、その状況に浸ろうと思えば、いくらだって”大変な自分”に酔うことができる。

けれども。

そうしたところで、何一つ、新たな知恵が生まれるわけじゃなし。

だったら・・。

おいしいご飯を思い切り食べて、明日の力につなげましょう。

モリッ!

ひとまず、これからお風呂に入って梅酒を飲んで、えいっと気持ちを切り替えるのです。

実家絡みでいろいろあるとき、いつもその後ろで支えてくれるのは、夫の父母。

義父母にもらった元気を、私は一つ残らず、一つこぼさず、ありったけ、”実家の母にも分けてあげたい by チェルシー(分かる方、ありがとう~)”。

11日のライブ。

岩橋さんを巻き込んで、思いっきりはじけまっせ~!!

| | トラックバック (0)

2009年7月 2日

踏ん張り時。

ここのところ、以前仕事をしていた当時の自分を思い起こします。

本当は、こんなこと言いたくないし、やりたくない。

できることなら、誰かに任せて逃げてしまいたい。

でも。

言わなくては、やらなくては、物事は進まないし解決しない。

否応無しに、とんがって、突っ張って、何かと必死に戦っていた。

そんな当時の自分の感情が、ふとした拍子に蘇って、ちょっぴりブルーになることも。

実家の売却。

いよいよもう少しのところまで来ました。

いろいろあって。

時々凹んで。

だけどあと少し。

あと少し。

きっともうすぐ。

きっともうすぐ。

いい形に辿り着く。

そしたら絶対・・・

そしたら絶対・・・・

焼酎片手に打ち上げやったるで~!

うりゃ~っ!!

ぐびぐび飲んで盛り上がったろうやないの~!

おりゃ~!!

・・・ ☆\(-_-)

父ちゃん、すんません。

最後までがんばるでよ。

| | トラックバック (0)

2009年7月 1日

果実、満載。

昨晩東京に戻ると、注文していた杏が届いておりました。

ぬほほ~!!

大急ぎで、ホワイトリカー等々調達し、本日早速漬けました。

これで、今年は、果実酒3種。

ウメ、ビワ、アンズのそろい踏みです♪

来年の出来上がりが楽しみだの~。

そしてもう一つ。

実は出かける前にも、我が家に、すこぶる美味しい果物が届いておりまして。

ワタクシ、帰省中も、なんだかんだと、そのことが頭から離れず、気が気じゃ有りませんでした(汗)。

それというのは他でもない。

毎年恒例、夫の叔父が届けてくれる、絶品国産完熟マンゴ~!!!

Kikuchi_2

これはもう、本当に、到底言葉では語り尽くせぬ香りと美味しさ。

一年一度、我が家にとって、この上ない贅沢であり、楽しみの一つなのです。

これが届くと、いよいよ夏も近いな・・・。

嗚呼、そしてここに立ちはだかる重大な問題が・・・?!

いつ、どこで、どのようにして食べるか!

慌しい朝ご飯では落ち着かないし、かと言って、夕食後のデザートにするにはあまりにもったいない。

この贅沢を、最も効果的かつ有意義に味わう方法やいかに!

・・・ということで、昨年は、暑さ爆発、夏の夕暮れ、カレーパーティーを繰り広げながら、マンゴーもしっかり”つまみ”の一つと位置づけ食べましたところ・・・

これが非常に美味しかった(^0^)♪

マンゴーとカレーって、意外と合うのね~・・・

という新しい発見。

この発見を、後日、さも得意げに叔父にレポートしましたところ、喜んだ叔父が、再び追加で2度目のマンゴーを送ってくれた・・・

思わぬ展開に、恥ずかしいやら、恐縮するやら。

この無思慮&厚かましさ(滝汗)。

・・・

今年は今年でまた、新たなる楽しみ方を探りつつ、”the 2009”の味を、心行くまで堪能しようと思います(^ー^)。

この際、クチビルかぶれの一つや二つ、構ってなんかいられまへんで~!!

| | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »