« やっぱりナマだ! | トップページ | かっぱと私。 »

2009年7月27日

チャゲアズ(≧∇≦)♪

Chage_2

勢いのみで突っ走り、懲りても懲りても失敗する・・・

そんな私でありますが、今回ばかりは~?!

行って良かった、CHAGE in 安曇野(略して チャゲアズ)!

興奮した~!

盛り上がった~!

かっこよかった~!

CHAGEさん、なんでもただ今、『CHAGEの細道』というライブツアーの最中だそうで、安曇野には、『CHAGEの寄り道』として、変則的に歌いに来てくれたのだそうです。

嬉しいですね。

ツアーを追いかけ、わざわざ穂高まで足を運んだファンの方もたくさんいて、その熱気と盛り上がりは、まさしく That's 夏休み!

ウッドベース、ギター、パーカッションのアコースティックなバンド編成ながら、アレンジも選曲もバリエーション豊富で、ライブの醍醐味を思う存分体感できました。

それもこれも、あのスケールの会場だからこそ(普段は披露宴パーティーなどに使っているスペースに、ぎっしりと150くらいの客席)。

あんなに間近で、迫力のナマ歌を聴けるなんて、本当もう感激の一言でしたよ(T-T)。

中でも、カバーした『飾りじゃないのよ涙は』。

これがものすごーく、ものすんごくよかったです。

ウッドベースとパーカッションが主体となって、CHAGEさんの歌が絡んで行く、かなりブルージーなアレンジ。

私、パーカッションで、あんなすごい感情表現をする人、初めて見ました(◎o◎)。

いや、びっくり。

はや、釘付け。

根本久子さんという女性なのですが、いわゆるドラムセットではなく、ボンゴを中心に、民族楽器?のような、たくさんの打楽器を駆使しての体当たりPlay。

思うに、あの表現力、あの情念、あの熱情は、女性ならではの天分なのでしょう。

機会があったら、この方のパーカッションだけでも、是非また見に行きたいです!

それにしても。

誰かと誰かが、音を通じ、歌を通じて、何かを共有するその瞬間。

そこには、プロもアマもないことを確信しました。

もちろん、”ビジネス”という側面を切り離せない現実はあるとしても、奏でているその時間に限っては、ただもうそこに、音があって、人がいて。

とてもとてもおこがましいことを承知で書くならば、私自身、心の中で細々目指しているそのことと、根っこの部分においては、何一つ違うことなく繋がっている。

活動歴30年。

これまで、いくつもの大ホールを満員にしてきただろうGHAGEさんが、あのような片田舎の(汗)、小さな小さな会場で、全身全霊歌ってくれる。

その姿を見て、改めて、音楽の持つ意味、その力を感じた次第です。

そうそう!

なんとびっくり、まさかのびっくり。

『ふたりのアイランド』~!

アンコールで歌ってくれました~(^0^*)♪

・・ということで、ここぞとばかりに、私たち、会場の女子全員、”なんちゃって石川優子”になりきっての大合唱を繰り広げてまいりました(笑)。

ホントにホントに楽しかったです!

もひとつおまけに(?)、コンサート終了後は、母の様子も見に行くことができましたし。

アー◎~、いろいろありがとね~。

きっとまた会うじゃん♪

|

« やっぱりナマだ! | トップページ | かっぱと私。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/45750250

この記事へのトラックバック一覧です: チャゲアズ(≧∇≦)♪:

« やっぱりナマだ! | トップページ | かっぱと私。 »