« まさかの二度飯。 | トップページ | 巡る12月。 »

2009年11月30日

『武蔵野詩人ファイナル』ライブレポート♪

今日で、11月も終わりですね。

一年はあっという間だな~。

そんな慌しい時期にも拘らず、28日、国分寺Gieeにお越しくださいました皆様、本当にありがとうございました。

客席から発せられる、”暖かさと緊張感”。

その均衡と拮抗を、ずっと自分の中で感じながら、保ちながら、歌った50分でした。

いつものことながら、”ライブ(生演奏)”は、その日その時間が始まってみないと、お客様を前に、自分がどんな気持ちになるか、ということは全くわからないので、それがとても恐いです。

恐いけれど、その予測のつかない部分こそが、私と言う人間を、直に見て、生で聴いてもらう、ということの意味なのだろうとも思います。

今回は、ピアノ曲からスタートする、という新しい試みに挑戦しましたが、あんな簡単な曲なのに(汗)、高鳴る胸の鼓動が指先まで伝わって、もう~大変でした。

更には、敬愛する浜田真理子さんのカバー『LoveSong』にも挑みまして、このとき、胸の早鐘度&額の冷や汗度は、MAXに・・・(倒れるかと思ったよ~(^-^;)

しかしながら。

この曲を、いわゆる”耳コピー”する中で、学んだもの、得たものは、非常に大きく、青息吐息ながら、恐れずひるます、実行してよかった!と感じています。

岩橋さんとのアンサンブルでは、先日クラスタで初披露した『Allofme』を、ベースを主体に新たにアレンジ。

まだまだ改良の余地はあると思いますが、いずれは、さかたさんのギターと、三人でやってみたい曲の一つです。

『大糸線の走る町』そして『夕暮れ』

これは、岩橋さんのギターとベースで、がっちり景色を広げていただきました。

掲示板にも書きましたが、私にとってのライブとは、日常生活においては、気づかぬうちに包み隠しているだろう、感情や心情を、歌を通じてさらけ出すこと。

それが、聞いている皆さんにとって、不快なものになっては本末転倒ですが(汗)、これからも、できる限り素の自分を、偽ることなく、歌(声やピアノ)にしていけたらいいなと思います。

最後になりましたが、主催のひろあさん、Gieeのミワママさん、この度は本当にありがとうございました。

チーム・タムラ。

メンバー47人、都合がつかずの不参加は残念でしたが(笑)、打ち込みドラムとエレキギターのジョニオさんとのバンド、とてもかっこよかったです!

曲目です。

♪雨の休日(ピアノ曲)
♪花車
♪辿り着きたい場所
♪道草
♪All of me (カバー ベース:岩橋信之)
♪Love Song (カバー浜田真理子)
♪大糸線の走る町(ギター:岩橋信之)
♪夕暮れ (ベース:岩橋信之)

さて!

次回は、12月12日(土)、『うた工房の夜 第16夜』です。

今年最後のライブでもありますし、気持ちを切り替え、しっかり準備して、当日に臨みたいと思います。

また一週間、元気に過ごしましょう~(*^-^*)♪

|

« まさかの二度飯。 | トップページ | 巡る12月。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/46896957

この記事へのトラックバック一覧です: 『武蔵野詩人ファイナル』ライブレポート♪:

» 浜田真理子 ディスコグラフィー [浜田真理子]
浜田真理子について詳しく説明してあります♪ [続きを読む]

受信: 2009年12月16日 18:33

« まさかの二度飯。 | トップページ | 巡る12月。 »