« 早春賦。 | トップページ | 路地裏の先に、森。 »

2010年3月23日

節目の3月。

黄砂にまみれ、お肌はガサガサ、クチビルバリバリ(涙)。

慌しいながらも、充実の3日間を過ごし、昨晩こちらに戻りました。

週末、東京も酷かったのかな?

自宅の窓ガラスも砂埃で白くなっていたため、朝一番、気合を入れて磨きました。

新聞紙を丸めてキュッキュッ!

小さな達成感。

手軽に得られる無心のひとときです(笑)

いつも、帰省すると、義父母と一緒に、おそばを食べに行く、新しいお店を開拓する!、というのが楽しみの一つですが、今回ようやく、噂の「安曇野 翁」を初体験して参りました。

そば好きの間では、知る人ぞ知る、”翁達磨グループ”の一つ。

かの高橋邦弘の流れを汲むお店の一つです。

池田町立美術館の脇に構えた、眺望抜群のロケーション。

そばもつゆも非常に美味しく、お値段少々高目のざるそば(840円)は、それ相応の内容と言え、満足度はかなりのものでした(我が家の、自称蕎麦打ち名人も絶賛)。

三連休の末日とあってか、今回はすんなりと入れましたが、普段の週末は、かなり混雑しているようです。

して、そのほとんどが他府県ナンバーとか・・。

さもありなん。

確かにすばらしいお蕎麦であることは間違いないけれど、ジモティーには、ちょっぴりよそゆきな感じがするんだろうな・・・。

そもそも、あれは信州そばなのか?・・という密かな疑問はこの際胸の中。

たまの機会ならばこそ ”心いっぱい、満足の行くそばを食べたい!”、という方にはとてもお勧めのお店だと思います。

たまの機会に是非(笑)!

さてさて。

今日からまた、いつもの毎日、いつもの生活です。

2004年の3月、無我夢中の怖いもの知らず飛び込んで行った、ライブレストラン藤沢クラジャの”なんでもライブ”。

あれからちょうど6年のこの節目の月。

がむしゃらだった自分を思い出し、一生懸命だった自分に立ち返り、再び新たな気持ちで、好きな歌とピアノに向き合っていけたら。

・・・と決意を固めるその前に。

からっぽになった冷蔵庫(汗)。

これをなんとかしなくちゃだわ~。

ピアノ強打に欠かせぬもの。

忘れちゃならないエネルギー補給。

何はともあれ、買い物に行ってきま~す!

また一週間、元気に過ごしましょう~(^-^)♪

|

« 早春賦。 | トップページ | 路地裏の先に、森。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/47885416

この記事へのトラックバック一覧です: 節目の3月。:

« 早春賦。 | トップページ | 路地裏の先に、森。 »