« 花粉明けライブ♪ | トップページ | 節目の3月。 »

2010年3月19日

早春賦。

桜前線、名古屋まで来ましたね~。

味噌カツ、天むす食べたい~。

三連休を利用して、今日から信州に帰ります。

”春は名のみ”のこの季節、毎年の事ながら、何を着て行こうかと迷ってしまいます。

早春賦と言えば、作詞の吉丸一昌(出身は、大分の臼杵)が、安曇野の風景に感銘を受けたことから生まれた、とされていますが、メロディーについては、なんでもモーツァルトの「春への憧れ」が元になっている?・・・との説があるのですね。

知りませんでした。

聞き比べてみると、確かに似ているかも!

そして、この早春賦を意識したのでは?と言われているのが、かの「知床旅情」。

これは、私も、知っていました(^-^)。

モーツァルトが、安曇野を通って、森繁久弥へ。

面白いですね。

確かに、音符の構成で見れば、この三つには、共通する要素が多いのかもしれません。

・・・がしかし、曲の生み出す心情・風景は、最早全く別の世界。

作った人の純粋な思い、心からのメロディー、そして歌詞。

それがなけれは、こんなに長く、たくさんに人に愛され続けるはずはないですよね。

安曇野は穂高川の土手沿いに、”早春賦の碑”・・・というのがあります。

あまり知られていませんが、北アルプスをバックに、なかなか気持ちの良い散策路なので、もしも機会があったら、足を運んでみてくださいね♪

どうぞ素敵な週末を(^-^)♪

|

« 花粉明けライブ♪ | トップページ | 節目の3月。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/47848657

この記事へのトラックバック一覧です: 早春賦。:

« 花粉明けライブ♪ | トップページ | 節目の3月。 »