« ポストマン100 | トップページ | 「Golden Slumbers」 (Steve Dobrogosz) »

2010年4月 4日

椅子物語

昨日は、絶好のお花見日和でしたね。

ぶらぶらと散策する中、この春一番、うぐいすの声を聞きました。

相変わらず、この時期のさえずりは、ぎこちないけど微笑ましい。

そんな季節のパワーに触発され(?)、私の模様替えモードも、スイッチオン。

ずっと気になりつつも、なかなか手をかけられなかった、食卓の椅子。

18年の歳月に、それなりにくたびれ感の否めぬ2脚の椅子。

先週は、いよいよその張替えに挑戦し、悪戦苦闘しつつも、なんとか完成することができました。

布地選びに始まって、途中足りない部材の買い足しに走るなど、危ない場面もありましたが、こうして衣替えを終えた今。

デラ嬉しいです(^ー^)

せっかくなので概要を記します。

我が家の椅子物語?、よかったら、お付き合い下さいませ。

①まずは張替え前

(左:写真を撮り忘れ、既に座面の布をはがした状態。新しいウレタンを仮乗せしています。右:座面の裏側。板をはずした状態)

Chairorgnl_3   Chairorgnl2_3

座面の布地はがしは、思ったより大変な作業で、布の隅々まで、大量に留められたホチキスに、時折 キーっとなりそうな自分を抑えつつ、黙々とはずしていきました。

②下作業

Chairura2

古いウレタンがそれなりにへたっていたこともあり、せっかくなので新しいものを上乗せ。大きさは、旧ウレタンに合わせてきちんとカットします。  

Chairura1

新しい布地を被せ、ホチキスでバチバチと留めていきます。

このホチキス留め。やってみると、意外と楽しい!なんとも言えない高揚感に包まれます(危)。古い布地にたくさん留まっていた理由はこれだったか・・?(違)

*(ホチキスを隠すため、本来、上からもう一枚布を張ると美しいですが、ここは手を抜き写真のまま)

②背もたれ

Semotare

Semotare2_2

旧布地(上)をはがすと、中綿が一緒にはずれてしまいそうな気配だったため、座面のようにはがす事は諦め、このまま上から新しい布地を張ることに(下)。下部は、糸で纏って仕上げました。

④完成

ばらした、座面、背もたれを、再び枠にはめ込み、しっかりネジを締めたら、出来上がり!うーん、ワンダルフ(自画自賛)。

Chair04041_2  Chair04042

旧布地の、質実剛健な感じもとても気に入っていたのですが、せっかくのリニューアル。思い切って、雰囲気を変えてみました。

ちなみに、かかった費用の主だったものは以下の3点です。

☆布地:4000円
☆ホチキス:1400円
☆ウレタン:1000(500 x 2 )円

この食卓椅子は、テーブルとセットになって、見切り品、お値下げ品の、当時3万円くらいで購入したと記憶しています。

非常にシンプルでありながら、機能面が優れている。

座面が広くて安定しているので、でっかい夫があぐらをかいてもへっちゃらです。

テーブルも、両サイドがスライド式のエクステンションになっており、用途に合わせて大きさを変えられるので、とても便利。

大物家具は、そうそう買い替える機会もないので、このダイニングセットは、本当にいいものに巡り合えてよかったな、と思います。

・・・・ということで、我が家の即席椅子物語。

長々お付き合いいただき、ありがとうございました♪

新年度もスタート!

明日からまた一週間、この食卓に、おいしいものを並べて、元気に過ごしたいと思います(^-^)ノ♪

|

« ポストマン100 | トップページ | 「Golden Slumbers」 (Steve Dobrogosz) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/47982184

この記事へのトラックバック一覧です: 椅子物語:

« ポストマン100 | トップページ | 「Golden Slumbers」 (Steve Dobrogosz) »