« 嗚呼、珍道中・・? | トップページ | KAZEとともに高根町、本編。 »

2010年8月 9日

KAZEとともに高根町・・・、のその前に。

『八王子で、岩橋さんと無事に会えるかな?』

・・と、書いた土曜の朝。

私の中に、何か予感があったのでしょうか~。

波乱の旅の幕開け。

私たちの旅が、すんなり行くわけなかった・・・?!

”楽器運搬を考えたら、自由席などもってのほか”

そう思って、随分早い時期から、特急あずさの座席指定、しかも、壁際に楽器を立てられるようにと、車両一番後ろ限定で2席確保していたのにも拘らず・・・。

フタを開ければ、ハプニンGuu~!

なんとびっくり架線事故!

ダイヤが乱れ、乗るはずだった便が急遽運休に(◎o◎)!!

旅の計画水の泡。

周到だった乗り継ぎも、海の藻屑と消え去って行きましたtyphoon

あ~れ~!!

それにしても、よりにもよって、なぜこの日(涙)。

よりにもよって、なぜこの時間~(滝涙)

・・・人生とは、つくづく思った通りには行かないものだ~・・

ともあれお祭り現地に向かわなきゃ。

気を取り直して、行けるとこまで行かなくちゃ。

次の”あずさ”はいつ出るの~?

*旅のルート
【新宿】~(八王子)~(甲府)~【塩尻】 by 特急あずさ
【塩尻】~【木曽福島】by ワイドビューしなの

いや~、このときほど、メールで連絡とれることのありがたさ、実感、痛感したことはないかもしれません。

新宿から、ギターとベースを抱え、30分遅れで動き出した、すし詰めの特急あずさ自由席デッキに乗り込んだ・・・との岩橋さんからの連絡。

私は、大混雑の自由席車両を避け(そこはもう100%乗れない状態)、八王子から、【指定席車両のデッキ】に乗車。

『今乗り込みました(シ)』

『了解(岩)』

そこから甲府に着くまでの約一時間。

”同じ列車”の”別の車両”。

それぞれの旅を、それぞれの状態で続けたアマガキ。

そして、甲府。

合流するなら、ここしかない!

たくさん降りるここしかない!

メールで確認取りながら、ようやくアマガキ無事再会。

えがった~。

本当に本当にえがったね~・・・(;-;)!!

・・・などと、感慨にふける余裕は全くなしヨ(汗)。

ギターとベースを担ぎ、荷物をゴロゴロ(ヨロヨロ・・汗)と引っ張りながら、ホームをこちらに向かって歩いてくる岩橋さんを、車内へとグイと連れ戻し、発車のベルになんとか間に合った!

再び列車が動き出したときには、そりゃあもう、二人ともぐったり・・という感じでした(笑)。

夏休みも重なった週末。

大混乱の新宿駅で、お稲荷さま、楽器二つ抱えながら、自由席車輌に乗れたのは、もしかしたら、とてもラッキーなことだったかもしれません。

その決断にも感謝です。

結局、木曽福島の駅には、予定より一時間遅れての到着となりましたが、でも、そこからは、このアクシデントを取り戻すかのごとく、思ってもいなかった、とても素敵な二日間を過ごすことができました。

開田高原CafeKAZEマスターには、大変お世話になりました。

この続きは、また明日♪

|

« 嗚呼、珍道中・・? | トップページ | KAZEとともに高根町、本編。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/49103929

この記事へのトラックバック一覧です: KAZEとともに高根町・・・、のその前に。:

« 嗚呼、珍道中・・? | トップページ | KAZEとともに高根町、本編。 »