« 震災から一ヶ月。 | トップページ | 紫色、咲いた。 »

2011年4月12日

フィンガーピッキングデイ2011

Photo_2

以前から、一度行って見たかったフィンガーピッキングデイ

今年も、岩橋さんが決勝大会に出場されると知り、行きたいな~・・と思っていたところ・・・

さすがは茹蛸・以心伝心。

さかたさんに招待券があるよ~、と声をかけていただき、”こりゃ~、逃してはなるまい!”と、花粉の嵐をくぐりぬけ、4月9日(土)、横浜赤レンガ倉庫まで、おとんとあつん、二人揃って観覧に出かけて参りました。

到着が開演12:30ぎりぎりになってしまったこともあり(※馬車道駅のパン屋さんで、腹ごしらえしてました:岩橋さん、ごめんね~:滝汗)、客席は、ほぼ満員。

熱気に包まれた会場に、否応がなしに期待感も高まります。

出演は全部で19組(1組欠場された模様)。

岩橋さんは4番目、13時過ぎの出場(※出演順は、当日くじ引きで決めるのだそうです)。

1組10分程度で、それぞれカバーとオリジナルを一曲ずつ演奏していきます。

出演者は、一切声を発することなく、自分の名札を持って登場し、演奏を終えたら、また名札をもって退場。

とてもシンプルで分かりやすいコンテストだと感じました。

今回は、私も”ライブを聴く”、という気持ちではなく、自分も審査員になったつもりで、しっかりと順位を意識しながら(つまり、好き嫌いの観点をできるだけ捨てて客観的に)聞こうと構えて臨みました(エラソーに・・・汗)。

鉄弦のみならず、ガットギターの方もいて、曲調もジャンルもまさに様々なので、最初は、審査は難しいのかな・・とも思ったのですが、聴いて行くうちに、はっきりと、自分の中で、優劣がついていくのがわかりました。

これはあくまでも私の印象ですが、今回19組の出演者を大きく分けると、

①ギターが好きで好きで大好きで、楽器としての魅力と可能性を広げ、掘り下げる中で、自己を表現するタイプ

②自分の心の中に、まずは表現したい”感情や想い”があって、それをギターに乗せ、音に乗せて伝えようとするタイプ

の2つになるのかな・・と感じました(もちろん、その両方にまたがる方も複数)。

つまりは、このコンテストの主催は、”どちらのタイプにも、優勝の機会を与えている”のだと理解しました。

そして結果は・・・

優勝が Aki Miyoshi さん。
準優勝が つるみまさや さん。

納得の行く結果だったと思います。

お二方とも、①②にまたがる要素を兼ね備えていましたが、あえて分けるなら、Akiさんは①、つるみさんは②のタイプだったと思います。

お二人の差は、やはり経験と年齢のなせるワザ、つまりは己の人生をどれだけ知っているか、というところだったでしょうか・・。

Akiさんの演奏は、誰の目にもずば抜けて上手かったし、”会場に向けて、心オープンに弾いている”ことが伝わってきました。

つるみさんの演奏は、ある意味対照的な、感情内向型。その10分にかける集中力に、会場の空気がシーンと静まり返り、引き込まれていくのがわかりました。

個人的な好みからいえば、私はつるみさんでしたが、コンテストの優劣で言えば、やはりAkiさんが上だったと思います。

そして肝心の岩橋さん!

ご本人は緊張したとおっしゃってましたが、全くそのようには見えず、実に堂堂たる演奏ぶり。

いつものことながら、メロディーの美しさは際立っていましたし、一音一音に込める思いの深さ、丁寧に大切に弾こうとする姿は、誰より誠実だったと断言できます。

いや~、楽しかった!

充実の一日となりました。

誘って下さったさかたさんに、感謝です。

ありがとう~!!

・・・と、最後に一つ、ここだけの話を書き忘れました(・ko・)。

さかたさんたら、こともあろうに、岩橋さんの演奏が始まった途端、隣で突如ハナから流血してしまいまして・・

ワタクシ、本当、びっくらたまげましたです。

薄々気づいていはいたけれど、そんなに岩橋さんが好きだったとは・・・

思いがけない形で、真実がさられた、春の横浜なのでした(笑)

|

« 震災から一ヶ月。 | トップページ | 紫色、咲いた。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/51369970

この記事へのトラックバック一覧です: フィンガーピッキングデイ2011:

« 震災から一ヶ月。 | トップページ | 紫色、咲いた。 »