« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月27日

ライブのお知らせ。

今朝はぐっと冷え込みましたね~。

でも、その分空は、ここぞとばかりに澄み渡っています!

昨晩、天気予報を見ていたら、関東一円晴れマークsun

どどーんと”sun”の並んだ日本地図は、あっぱれで、なんだかうれしくなってしまいました。

そんなお天気に誘われるかのように、お知らせを二つ。20111027_5

まずは先日、もげてしまった、うちわサボテン”ロバの耳”♪

無事に根っこが出たようです(^-^)ノ

差したばかりの頃は、ぐらぐらしていて、”こりゃ~ダメかもな~”と思って見守っていたのですが、そのうち、白いひげみたいなものがひょろりと伸びてきて・・・(抜いて確かめた(汗))

慌てて、もう一度土に差したところ、今ではがっちり土と一体化した模様。

処分しなくてよかった~。

こちらにも、いずれまた、新しい耳が芽吹くことを期待しましょう。

そして、もう一つ、来年のライブのお知らせです。

ご縁あって、”ピアノをテーマにした”素敵な企画ライブ 招福2012年 あ!はっぴあの・にゅー・いやー』に参加させていただくことになりました。

☆日程 2012年 1月15日(日)

会場 柏Studio WUU(千葉県柏市)

☆出演 たいらくのぶこ(pf) Holly(pf.Vo) シンドウアツコ(pf.Vo サポート岩橋信之)(※出演順未定)

☆時間 夜の部 (※開演時間未定ですが、19時以降になるかと思います)

その他詳細、また決まりましたお知らせいたします。

ご縁がつながって、こうして歌う機会を与えてもらえること。

いつもいつもありがたく思っています。

出演者全員が、一つのコンセプトを楽しみながら、一緒にライブを作り上げる。

そんな気持ちで臨みますので、もしもご都合つきましたら、どうぞ遊びにいらしてくださいね♪

さーて!

今日はこれから、カーテンを秋冬仕様に掛け替えて、がっちり寒さに備えるでよ~。

| | トラックバック (0)

2011年10月24日

アースカフェ「夜カフェライブ」レポート♪

Kamudori_2先週末はアースカフェ「夜カフェライブ」にお越しいただきましたみまさま、本当にありがとうございました。

出演順決め・スペシャルうちわ、『は』と『あ』のくじ引き”からスタートした秋の企画「女子ライブ」(くじ引きご協力ありがとうございました(^-^)♪)

お客様と出演者、そしてお店のみなさんが、一緒になり、重なりながら作っていくライブ。

今回も、アースカフェならではの ”暖かく、優しく、偽りのない時間”の流れを、肌で感じるひとときでした。

はるちん、岩橋さんと三人で、限られた時間の中準備した曲たちも、お客様に見守られつつ、無事に演奏することができました。

えがったね~。

以下、曲目ごとに記します。

◆花車
女子ライブ”秋編”は、私のこの曲からのスタート。久しぶりに歌ったこともあり、緊張しました~。

◆傘に咲く雨
私は、ほとんどの場合、歌詞と曲を同時進行で作りますが、そんな中では珍しく「詞」が先行した曲。あまり歌う機会がないものの、大切な一曲です。

◆片思い(カバー)
以前から好きで、よく聞いていた曲ですが、アースカフェマスターが、浜田省吾さんの大ファンということで、カバーに初挑戦しました!

歌っていると、とても切ない気持ちになり(私自身、こんな経験ないのに・・・汗)、歌の持つ力を感じる一曲です。

ここからの3曲は、アマガキ隊にて。

◆Coco
岩橋さんのベースとともに。

◆旅立つ秋(カバー)
岩橋さんのギターとともに。

◆地球の真ん中
前奏から何やら危うかった私ですが、歌に入って、ピアノがいきなり止まっちゃいましたね~(汗)。

みなさんの暖かいお心を前に、仕切りなおして、今度は最後まで。岩橋さんのベースとともに。

~そしてはるちんのソロタイムへ~

今のはるちん”をダイレクトに感じられる、歌詞と歌声に包まれました。

~最後はいよいよ三人のバンドで~

「シアワセ」(詞・曲 はるち)
はるちんの弾き語りに、岩橋さんのベースと私のピアノをちりばめ、ちこっとハモリを入れました。(写真は、この時のもの。アースカフェブログよりお借りしました。)

「未来予想図II」(カバー)

せっかく三人で逆ドリカム?を組むのですから、やっぱりドリカムの曲を♪
ピアノを弾きながら歌うのは、とっても難しい曲でしたが、サビははるちんとのハーモニーで、女子パワー全開!

「ここから(earthcafeから)」(詞・曲 アースカフェマスター)

マスターのボーカルに、僭越ながら、私たち三人がバックで演奏いたしました。

マスターの、”お店を思う気持ち、お客様を思う気持ち”が、そのままに綴られた、とって素敵な歌詞とメロディーです。

今回は、マスター・マダムのご家族もお越しになっていたので、マスターの歌を、私たちの演奏で聴いていただけたこと、うれしかったな。

※そうそう!岩橋さんたら、マスターとのコラボを目前に、はやる気持ちを抑えきれず(?!)、とあるサプライズ行動に・・・・(@@)!お稲荷様、実は脱いでも、すごいんです(^m^)

ライブ後は、お客様と一緒に、ご飯を食べながら楽しい打ち上げ。

本当に本当にありがとうございました。

★次のライブは、11月20日(日)「わんぱくクラブ秋のおまつり」です。

イベント開催時間 10:30~15:00 /出演時間 12:20~13:00

~観覧無料~

この日は、岩橋さんの新しいアルバム「古那 / 菩提樹」の発売を兼ね、岩橋さんのソロ演奏も予定しています。

来年の予定も一つ決まっていますので、近日お知らせいたします(^-^)♪

また一週間、元気に過ごしましょう。

| | トラックバック (0)

2011年10月21日

明日はライブ♪

原市アースカフェ、はるちん企画、秋の『女子ライブ』。

一年ぶりの開催です。

明日は、前回を上回る、盛りだくさんな内容を予定しています。

女子二人+男子一人の逆ドリカムバンド、初登場!?

(ドリカム三人って、いつの時代~・・・)

そして、ライブの最後には、アースカフェならではの、スペシャルな1曲も!

お時間ありましたら、是非遊びにいらしてくださいね(^-^)。

■10月22日(土)

”夜カフェライブ”

場所:原市earthcafe
時間 :開場18:00/開演18:30~
チャージ 1 オーダー

出演:はるち/シンドウアツコ(サポート岩橋信之)

お天気は、雨の予報ですが、なんとか持ってくれるといいな・・。

お越しの際は、どうぞお気を付けて。

みなさんにお会いできること、楽しみにお待ちしています♪

| | トラックバック (0)

2011年10月18日

ムシュ~ダ。

20111018_2ベランダのすのこがずいぶんくたびれてきたので、この週末、夫と二人三脚、いよいよペンキを塗り替えました。

どんな色にしようかと、あれこれ迷った結果、こんな感じの、濃い~茶色に。

室内の床の色と、トーンを合わせてみました。

ちょっと地味だったかしら・・・

と思いつつ、植物を置いてみたら、色味が引き立って、なかなかいい感じになりました(^-^)。

それにしても。

世の中には、知られざる優れものが、まだまだたくさんあるのですね!

今回使ったペンキ。

アトムハウスペイントのアトムオールマイティー、水性・無臭タイプ。

半信半疑で取り寄せてみましたが、使ってみると、あの、ペンキ特有の鼻につんとくる匂いが、本当にまったくありません。

こりゃ~、素晴らしい。

まさかここまでムシューとは!

以前、室内使用の、手作りの木箱に、油性のペンキを塗ったところ、これがもう、本当に臭くて臭くて。

当分匂いが抜けなくて懲りた経験があるので、なんとか無臭のペンキを探したい!

・・・と巡り合ったのが、この商品でした。

多分、他のメーカーでも、同等の商品を出していると思いますが、調べてみると、塗料の世界も確実に、流れは、環境や体に優しい方向へと進んでいるのですね。

なんとなく、”水性”というと、”水に弱い、すぐにはがれてしまう”、というイメージがありますが、家庭用の範囲であれば、昨今の製品は、耐久性の面でも、油性と水性では、ほとんど相違がないのだそうです。

水性は、油性に比べると、扱いもラクチン。

手についても、水で洗えば落とせるし、ハケも、油性みたいに固まらないし。

(※ハケは100円ショップで売っています)

こんなに手軽だと、嵌ってしまいそうです。

なんか、他に塗るものないかな・・・(^m^)

ただ今、室内物色中~♪

また、一週間、体調整え、元気に過ごしましょう~。

| | トラックバック (0)

2011年10月14日

原市へ♪

ココログのお楽しみに、アバターの他に、もう一つ”インターポット”という、自分の庭を作って遊べるシステムがあります。

私も見よう見まねで作っていますが、この度、自分の作ったこの庭に、アバターを呼んで、動かせるようになりました。

(庭には一本大きな木が生えていて、実がなると収穫したり、自分で種を撒いて花を育てたり、なかなか充実したシステムですが、私の庭は、ほとんど放置状態ゆえ、非常にショボイです:涙)

早速、お試し無料配布された、”おでかけ草笛”を使って、Myアバターを、自分の庭に呼んでみました。(おでかけ草笛は、アバターを呼ぶための必須アイテム:楽しいネーミングですね♪)

今、Myアバターが、トラのぬいぐるみと、赤いバッグをぶんぶん振って、庭を歩き回っています。

自分の分身ながら、なんだか、ほほえましい♪

お見せできないのが残念です(笑)。

・・・と、時には、こんなことをして遊んでいる私ではありますが(汗)、今週も、なんだかんだとバタバタと動き回っているうちに (昨日は、あずさにて、松本へ日帰り往復)、一週間が過ぎてしまいました。

たくさんあるはずの時間も、振り返ると、やっぱりあっという間に過ぎ去っていくものですね。

でも!

今日は、午後から、楽しいお出かけを予定しています。

アバターのみならず、本当の私も(^-^)

来週22日の”ライブの打ち合わせ&音合わせを兼ねて”、原市アースカフェまで。

共演の、はるちん、岩橋さんも一緒です。

ライブ以外で、アースカフェに出かけるのは、これが初めて。

だからとっても楽しみです。

ライブのときは、いつも終演後、名残惜しい気持ちを抑えつつ、慌ただしくお店を後にするので、今日は、練習の後、ゆっくりマスターのおいしいご飯も食べてこようと思います。

・・・ってことで、午前中は、(たまった)家事にブンブン勤しむでよ~!!

ここのところ、朝晩はずいぶん涼しくなりましたね。

みなさまも、風邪には十分気を付けてくださいね。

| | トラックバック (0)

2011年10月 6日

電子ピアノ、再び修理。

本題に入る前に、一つ残念なお知らせが(++)。

我が家のかわいい、うちわサボテンの・・・

Mogeta20111006_3  Kakara20111006_5 

耳がとうとうもげました(;-;)

毎日注意はしていたものの・・・

何しろ、積み重なった耳のつなぎ目は、いずれも非常に頼りないもので、いつか、取れるかも、いつか、もいじゃうかも

・・・と内心憂いておりましたら、それは意外と早く、現実のものとなりました。

ホロリ(・_・、)

このまま処分するのも忍びないので、ひとまず土に差してみようと思います。

うまく根が出るといいけどね。

さて!

気を取り直して、本題へ。

ここのところ、またまた調子の悪かったMy電子ピアノ。

実は、先週一度出張して診てもらったのですが、思ったより、中身がへたっていることが判明 (前回2月の修理時から、さらに進行した模様:涙)。

この際、できるところは一気に直してしまいましょう、ということで、部品等をそろえていただき、本日再びの出張となりました。

主な不具合は、

★ペダル(一体型)のサスティンが効かなくなってしまった。

★鍵盤が、ところどころ戻りにくくなってしまった。

★一音だけ、また爆音が出るようになってしまった。

<修理内容>

◇ペダルは、鍵盤と同様、基板の電気的な汚れということで、取り外してクリーニング。

◇鍵盤の戻りは、ハンマーの当たるフェルトがへたっていたため、これを交換。

◇爆音現象については、もう一度基板のクリーニングで対応(また進むようなら、次回はいよいよ基板交換かしら・・・)。

作業時間は一時間程度。

締めて、16,464円。

フェルトは、取り外したものを、新品と見比べたら、見事にへたって凸凹状態に。

しかも、内部で、一部はがれかかっていたようです。

5年に渡る強打の証だわ~(汗)

もう、ここから先は、使えば使った分だけ、直に消耗し、劣化していくわけで、修理とのいたちごっこになるのでしょう・・。

とは言え、見た目は、まだまだ十分綺麗だし、これを処分したところで、また同じことの繰り返しになることを思うと、なかなか買い換える気持ちなれないのですよね~・・・。

修理費用だけを考えると、シンプルなポータブルの電子ピアノなら賄えてしまう。

それが、なんとも悩ましいところですが、ともあれ、自分自身納得できるところまで、もうしばらくは、修理で対応していこうと思います。

ひとまず、懸案だった不具合は、すべて取り除かれたので、明日からまたしばらくは、気持ち良い音で練習できそうです。

鍵盤強打で、新品フェルト、もりもり鍛えまっせ~(* ̄ー ̄*)!

| | トラックバック (0)

2011年10月 3日

おきましょ、おきましょ。

先週で、朝の連続テレビ小説『おひさま』が終わりました!

半年間、なんだかんだと見続けのは、本当に久しぶり(今日からスタートの『カーネーション』は、多分見ないな~・・・)

ここ何週間かの終盤は、何やら突っ込みどころ満載な展開だったけれど(汗)、ともあれ、松本・安曇野の景色を、毎日、お茶の間に届けてもらえたことは、何よりうれしいひと時でした。

それにしても。

このドラマを見ていて、つくづくと感じたこと。

”方言”というものは、実に難しく、そして奥の深いものですね。

ドラマの内容はさておき、役者さんの、方言を使ったセリフ回しが、終始所在ない感じで、それが毎回気になって仕方がありませんでした。

もちろんそれは、私が地元民であるから。

これが”他の土地の方言”であれば、そういうものなのだろうと、自然に受け入れられたと思います。

”人は、言葉を持って、文化が生まれた”

とりわけ方言は、生活から生まれ出た色合い、性質が濃いだけに、身につかないままに使うと、”言葉使いとしては間違っていないけれど”、なんかね~。

この、”何とも言えない落ち着かない感覚”は、それこそ言葉では説明できないものですね。

そんな中でも、丸庵のお父ちゃん役、串田和美さんの使う信州弁だけは別。

とても自然で、聞いていて安心しました。

それもそのはず。

串田さんは、2003年4月から松本市民芸術館長兼芸術監督を務め、何度となく、信州を訪れ、地元の人との交流を持っているのだそうです。

う~ん、やっぱりね~。

あの、信州人特有の雰囲気を醸し出せるのは、ジモティーを知ってこそ。

多分、松本や安曇野で、いっぱい呑んだり食べたりしてるに違いないです(* ̄ー ̄*)

さて。

タイトルの「おきましょ、おきましょ

これなどは、極めて難易度の高い(?)信州弁の一つかと思います。

意味としては、”やめておきなさい

・・・・というほどのものなのですが、その裏側には 、”やめなさい、やめなさい”、では決して置き換えられない、”相手を気遣い思いやる気持ち”がた~くさん含まれているのです。

以前、N○Kで、”安曇野を旅する”、という趣旨の番組を見ていたときのこと。

行き当たりばったり訪ねた地元りんご園のおばちゃんが、りんご畑で、りんごの木の枝を拾う作業をしていて・・・・

それを見た旅人の田中圭さんが、”僕も一緒に拾いますよ”、と手伝おうとすると・・・

おばちゃん、すかさず ”いいわね、いいわね(おっと、これも方言= No No!の意味)・・・、おきましょ、おきましょ”、を連呼してました(笑)。

田中さんの頭の中が ?????なのは仕方ないとして、その時テロップで画面に出た説明が 『*枝を下に置いてください、という意味です。』

ありゃ~・・・・

”おく”を”置く”の意味と、解釈(勘違い)したのですね。

この場合、たまたま辻褄合っているところが悩ましいけれど、おばちゃんが言いたかったことの説明としては、正しくはありません( ̄ー ̄)。

方言とは、まさに生活そのもの。

暮らしとともに使ってこそ、初めて生きてくるものなのでしょうね。

いよいよ10月に突入しましたね。

夏から秋へと、気持ちも体もスイッチを切り替えて、また一週間、元気に過ごしたいと思います(^-^)

| | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »