« 良いお年を♪ | トップページ | 土鍋・二代目。 »

2012年1月 5日

混沌のエネルギー。

作家の堀田善衛は、60年ほど前のとある対談で、”混沌”と”混乱”は違う、

『混沌というのは、何か充実した、力に満ちたものという感じがある。けれど、混乱というのは、それ自体に物を生み出す力がない。前にも後ろにもつながらない』

と発言したのだそうです。(新聞コラムより)

”混乱の中では立ちすくみ、混沌の中では立ち向かう。”

そう言い換えることもできるのかもしれません。

”混沌”という言葉の所以ともなった、荘子の応帝王篇「混沌王の死(※)」は、有名なお話ですが、穴を持たない混沌王の体の中には、得体の知れないエネルギーが充満し、そこには、人為の及ばぬ摂理が保たれていたのでしょうか。

(※)南海の帝を儵(しゅく)といい、北海の帝を忽(こつ)といい、中央の帝を渾沌(こんとん)といった。儵と忽とは、その渾沌の恩に報いようと相談し、「人間にはだれにも 目と耳と鼻と口との 七つの穴があって、それで見たり聞いたり食べたり息をしたりしているが、この渾沌だけにはそれがない。ためしにその穴をあけてあげよう」ということになった。そこで一日に一つずつ穴をあけていったが、七日たつと渾沌は死んでしまった。   【荘子(岩波文庫)】より 

混乱を抜け出し、混沌とした中からも、何かしら新しい力を生み出していく。

自分にできることは、とても限られていますが、そうした気持ちを忘れずに、今年も一歩一歩進んで行けたらと思います。

本年もよろしくお願いいたします。 

<おまけ>

1229_4右写真は、長野県の”ゆるキャラ?”アルクマ君

我が家恒例・年末忘年会旅行、2011年は、帰省の折、実家の母を連れて、地元の鹿教湯温泉に行きました

(母の住まいから車で30分。旅行というには近過ぎ?!)

そこで偶然出くわしたアルクマ君。

カメラを向けたら、こんな風にドヤ顔ポーズを決めてくれました(笑)。

鹿教湯温泉では、ただいま、氷灯ろう夢祈願が行われていて、アルクマ君も、そのPRで訪れていたようです(^-^)♪

|

« 良いお年を♪ | トップページ | 土鍋・二代目。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/53659916

この記事へのトラックバック一覧です: 混沌のエネルギー。:

« 良いお年を♪ | トップページ | 土鍋・二代目。 »