« 強く、密やかに、ただ…。 | トップページ | 『紅雀』(松任谷由実) »

2014年6月26日

『私のお誕生日』

ここのところの、突然の豪雨には、本当参ります。

洗濯ものはもちろん、ベランダの植物も気掛かりで、落ち着いて出かけられません。

さてさて。

話は少し遡るのですが、ワタクシ、先月の末、晴れて50歳となりました!

押しも押されもせぬ、花の中年。

なんというか・・・

しみじみ節目だなぁと実感します。

なかなか言葉にはし難いけれど、ともかくも、この2年半で、身体とともに心も、確実に変わったのではないかと。

そして、それは自分にとって良い形と方向に。

かねてより、同年代の友人、知人から、『50代は楽しいらしいよ』『50代って悪くないよ』、という話は聞いていましたが、いよいよ私にも、その境地が開けて来たのかもしれません。

40代までの登り坂では見えなかったものが、じわじわとわかり始め、体力の衰えを補うかの如く、自由に物事を考えられるようになっていく。

あぁ、生きるって、こういうことなんだなぁ。

ちょうど2年前、48歳の誕生日の頃、耳の不調は、まさに最盛期を迎えていました。

鍼治療の”好転反応”、一種の副作用なようなものと戦っていた時期で、火災報知器さながら、リンリンと鳴り響くベルのような、けたたましい音が、終始、頭の中に渦巻いて。

それなりに絶望も感じていたと思います。

その最中の誕生日。

とてもお祝いするような気分ではなかったと記憶しますが、そんな状況にあっても、いや、だからこそ、何かしら、希望の種をみつけたい。

苦しいからこそ、見えてくる光もある。

・・と、これまた私なりの思いつきで、えいやっ!

・・と生み出したのが、この『私のお誕生日』という曲でした。

きっと、また元の状態に戻って、来年、再来年、この曲をライブで歌えたら。

”あんなことがありました”と、みなさんの前で、振り返りつつ、語りつつ披露できたら。

そんな願いを持って、作った曲でした。

だから。

先日のライブで、それがまさに現実のこととなったときには、本当に嬉しくて、ちょっと夢みたいな気持でもありました。

改めて、よかったなぁ。

・・ということで、僭越ながら、歌詞を記します♪

『私のお誕生日』

Happy Happy Day ルル ルラルルル to Me

 時々 思い出すの 学生時代の私
お肌なんて そりゃピチピチで エクボだって眩しかった

 でも自分が どこへ行くのか 未来はホントにあるのか
わからなくて 握り締めた 手の平は痛かった !

そんな私にも 時は流れたのでしょう
今では 生きることが こんなに 嬉しい

 あぁ いくつもの 山も谷も越えて

 迎えたこの日 今日はそう 私のお誕生日

 Happy Happy Day ルル ルラルラ ルルル
Happy Happy Day  ルル ルラルラ ルルル 
 

今でも 覚えてるワ 初めての海外出張
気合のパンツスーツ 背伸びはヒールだけじゃなかった

 ホント辛いのは タイムラグ
豪華な接待ディナーも
異国の香りに呑まれ 味なんてわからない!

 そんな私にも 時は流れたのでしょう
今では 生きる度に こんなにときめいてる

 あぁ いくつもの 海も川も泳いで

 迎えたこの日 今日はそう私のお誕生日

 あぁ いくつもの 山も谷も越えて
あぁ いくつもの 海も川も泳いで

 迎えたこの日 今日はそう私の 今日はそう私の・・・・・

 お誕生日

 Happy Happy Day ルル ルラルラ ルルル
Happy Happy Day  ルル ルラ ルルル to Me

なんだか、50歳の今の境地を、先取り、予感していたようにも見えますね(^-^)。

今日は、午後からまた鍼に行ってきます。

先生との”二人三脚” も2年半になりました。

付かず離れず、時に厳しく、容赦なく(・・あんまり痛い時は、思わず足をジタバタ~(@@)。先生には軽くスルーされちゃいます(笑))。

でも、そのおかげでここまで回復することができました。

だからもう少し、油断せずに、さらなる復調を目指します。

|

« 強く、密やかに、ただ…。 | トップページ | 『紅雀』(松任谷由実) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/59878801

この記事へのトラックバック一覧です: 『私のお誕生日』:

« 強く、密やかに、ただ…。 | トップページ | 『紅雀』(松任谷由実) »