« スイカの冷え冷えスムージー♪ | トップページ | 2年前の写真。 »

2014年9月 2日

『竜馬がゆく』(司馬遼太郎)

先週より、何の拍子か、いよいよ掲題小説を、読み始めてしまいました(!?)。

以前から、本棚に居並ぶ全8巻(その昔、夫が読了)。

その帯が目に入る度、まだまだや、私はまだや、まだまだ読まへんで・・・

と、のらりくらりと、避け続けて来たのに・・・

何がどうして、魔が差したのか?

突如ページを開いてしまったアタシ。

気づけば、あっという間に、一巻終了!

おもしろい!!

おもしろいよ、司馬先生。

びっくりするよ、なんだこれ!

私は、もともと、歴史小説というものが、あまり得意ではなく、これまで敢えて手に取る機会も少なかったのですが、例の耳のごたごたで、テレビもラジオもパソコンも、まとめてNGの日々が長らく続き、その間、頼るは活字のみ。

好きも嫌いもなく、手当たり次第に本を読み漁るうち、気づけば、そのドラマティックな人間模様、自分のルーツを辿るが如き、日本史の世界に、すっかりはまってしまった、というのが事の次第です。

作家も時代も、特に問わないのですが、信長あたりから、江戸を経て、幕末・維新の激動期は、とりわけ、ワクワクドキドキしてしまいますね。

これまでも、多摩つながりから、”新撰組関係の小説や紐解きもの”などはいくつか読みましたが、”佐幕派・尊皇攘夷派”、”幕府と朝廷”、”勤王激化” ”各藩絡み合い”。

その辺りの流れやいきさつは、とても複雑に入り組んでいて、どこかつかみどころがなかったものの、当長編を、たった一巻読んだ時点で、あたかも頭上の雲が晴れていくように、その時代、人々がどのようにして、激変する世の中に呑まれ、巻き込まれていくのか、竜馬という一郷士を通して、とても具体的にイメージが湧いてくるのです。

・・・・っと。

いかんいかん。

つい興奮してしまいました。

まだ、最初の巻を読んだだけなのに、こんな風にブログに書いてしまって、大丈夫?

ちゃんと8巻読み終えられるかな?

いずれにしても、読書にはうれしい季節がやってきましたね。

この秋は、”食欲&弾き語り欲”とともに、じっくりゆっくり、本と向き合う時間も温め、家事の合間に、”日本開国、夜明けを目指し”、竜馬とともに、歩みを進めていきたいと思います。

必然、老眼鏡 リーディンググラスも酷使の予感~♪

|

« スイカの冷え冷えスムージー♪ | トップページ | 2年前の写真。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94966/60249136

この記事へのトラックバック一覧です: 『竜馬がゆく』(司馬遼太郎):

« スイカの冷え冷えスムージー♪ | トップページ | 2年前の写真。 »