« 2018年6月 | トップページ

2018年8月23日

秘密の魔法。

お盆を過ぎて、ようやく暑さも少し和らいで来ましたね。

お陰様で、私も大きく体調を崩すことなく 無事にこの夏を乗り切れそうです。

毛量も、順調に増加中♬

現在のスタイル、敢えて言葉で表すならば。

デビュー当時の森昌子 65% ベティブープ 35%。

成り行き任せとは言え、予想を超えたいい出来栄えとなってます。笑。

いやはや人生後半に、まさか自分の髪の毛が、こんなにキュートにカールする事になろうとは。

これだから、やっぱり生きることはやめられません。

そんな私でありますが、遅ればせながら、最近、角野栄子さんの、『魔女の宅急便』にはまっています。

全6巻。

現在、4巻目の 『キキの恋』を読んでいるところです。

映画も、改めてレンタルで観ましたが、主人公キキのイメージが、原作と随分と違っていて驚きました。

読み終えたばかりの第3巻、『もう一人の魔女』は、大人の私にも(?)たくさんの示唆があり、とても読み応えがありました。

で。

せっかくこの名作を手にしたのだから、角野さんについてもっと知りたい!

と思い、《角野栄子の毎日いろいろ》という、エッセイ本も読んでみたところ。

カラフルな生き方、非常に冒険心の旺盛な人物とお見受け。

元々は、児童書の作家を目指していた訳ではなく、ご自身の、ブラジル移民時代の体験談を形にしたことがきっかけだった、ということを知り 、この作風も頷けます。

そのエッセイ本の中で 魔女とは、本来どんな存在だったのか、という事について触れている章があるのですが、そこにとても興味深い事が書かれていました。

魔法とは、すなわち想像する力。

心が動くと、その魔法は育っていく。

魔法はひとつ。

誰でも持っている。

なるほどね。

胸にストンと落ちました。

何故なら。

実は、私もそうじゃないかな〜、とここ最近思っていたもので(笑)

この私にも、確かに魔法は存在している。

この頃、それがとても信じられる瞬間があるのです。

そして、その魔法は、日々着実に磨かれている。

磨けば磨くほど、育てば育つほど、生きることは自由に、そして軽やかになっていく。

そう実感しているところです。

さて。

秋の訪れを待ちわびながら、引き続き、キキととんぼさんの恋の行方を追いかけましょう。

そして、このキュートなカーリーショートヘアを、オシャレに彩る帽子を探しに、ゆっくりゆったり出掛けてみようと思います♪

| | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ